最新記事

香港

【香港人の今2】「殴り殺す」と警察に脅された友人が、台湾密航に失敗した・20歳勇武派

RISING LIKE A PHOENIX

2020年11月26日(木)19時30分
ビオラ・カン(文)、チャン・ロンヘイ(写真)

勇武派の抗議者 Edward(20) PHOTOGRAPH BY CHAN LONG HEI

<香港の状況は絶望的に悪化している。11月23日には民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)らが収監された。香港人は今、何を思い、どう反抗しているのか。16人の本音と素顔を伝える(2)>

勇武派の抗議者 Edward(20)

2014年の雨傘運動の時、まだ中学2年生だった。その年の9月、香港警察が近年の民主化デモでは初めて催涙ガスを使用した日に先輩と現場で催涙ガスを浴び、そこから社会運動への関心が芽生えた。

5年後の2019年、平和なデモから道路封鎖や火炎瓶投げまで、あらゆることをした。先日、台湾への密航失敗で中国に拘留された香港人12人のうちの1人も仲間だ。

昨年10月、この友人は抗議活動で逮捕され、拘留中に警官から「殴り殺す」と脅された。保釈後、音信不通となった友人から連絡が来た。「(密航の)船に乗る前は電話してこないようにと言われた。もし3日後に連絡が来なければ成功したと」

しかし友人は12人の中で数少ない10代の逮捕者になった。

「瓦全(がぜん)で生き延びるより、玉砕したほうがいい」──抗議活動の先頭で戦う勇武派の信念である。

とはいえ勢いだけでなく、事前に配置や行動、目標について綿密に打ち合わせする。目の前で警察官が実弾を発射しても怖くないが、仲間の安否が唯一の心配事だ。

「友人がいきなり姿を消し、逮捕され、逃亡し、亡くなる......。背負ったものが多過ぎて後戻りできないが、前へ進むしかない」。生き抜いた今、生きる意味と責任を語る。

magHK20201126-2-2.jpg

漫画家 阿塗(38) PHOTOGRAPH BY CHAN LONG HEI

漫画家 阿塗(38)

時事漫画を執筆して8年。香港国家安全維持法が施行された途端、阿塗(ア・トー)は新聞や雑誌関係の仕事がなくなった。作品が時代のネガティブな面を風刺するものだからだ。

これまで社会の現状をテーマに、広東語の話し言葉で漫画を描き続けてきた。読者の多くは香港が大好きな香港人──彼自身も同じだ。「香港という街が大好き。この街の自由があるから、今の僕がいる」

しかし同法の施行後、約1年間コラムを連載してきた「明報週刊」がリニューアル名目で阿塗を含む政治風刺画家4人のコラムを打ち切った。6年間も連載したヤフー香港も阿塗ら7人のコラムを終了。作品の発表先がなくなった彼は、新作をSNSで有料公開して窮地を打開した。

街の息遣いも生活の雰囲気も阿塗の創作に欠かせない。香港を離れることなく、最も近い視点からこの街を描きたい。

「料理と同様、いつも強火を使う必要はない。弱火でじっくり煮込んでもおいしく仕上げられる。大事なのはその火種が残ること。そしていつでも派手に再燃できること」

ユーモアのある比喩に秘めた知恵は、暗闇を導くともしびのように、絶望の中にいる人々を希望へといざなう。

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 5

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 6

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 7

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

  • 10

    ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月