最新記事

ボイジャー

アンテナ老朽化、約8ヶ月ぶりにボイジャー2号に向けてコマンド送信に成功した

2020年11月9日(月)13時30分
松岡由希子

キャンベラ深宇宙通信施設の直径70メートルの大型パラボラアンテナ Credits: CSIRO

<太陽系を取り囲む「太陽圏」を脱しているボイジャー2号。2020年3月上旬から、地球との交信が中断していたが、10月30日、約8ヶ月ぶりに地球からボイジャー2号に向けて指令を送ることに成功した......>

NASA(アメリカ航空宇宙局)の無人宇宙探査機「ボイジャー2号」は、1977年8月に打ち上げられて以来、木星、土星、天王星、海王星での探査を経て、2018年11月、太陽系を取り囲む「太陽圏」を脱し、現在、地球から約188億キロメートルの位置で航行している。

2020年3月上旬から、地球との交信が中断し、ボイジャーは地球からのコマンドを受信できない状態が続いていたが、10月30日、約8ヶ月ぶりに地球からボイジャー2号に向けて指令を送ることに成功した。

matuoka220565.jpeg

「太陽圏」を脱したボイジャー
NASA/JPL-Caltech

●参考記事
ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇を観測

ボイジャー2号との交信無線通信機は47年間交換されず老朽化していた

NASAのジェット推進研究所(JPL)では、米カリフォルニア州のコールドストーン深宇宙通信施設(GDSCC)、スペインのマドリード深宇宙通信施設(MDSCC)、豪州のキャンベラ深宇宙通信施設(CDSCC)の大型アンテナからなる深宇宙探査通信情報網「ディープスペースネットワーク(DSN)」を通じて、地球の自転や位置にかかわらず、月やその先を航行する探査機と常時交信している。

ボイジャー2号の場合は、1989年、海王星の衛星「トリトン」に接近した際に「トリトン」の北極上空を通過したことで、その軌道が大きく南に向かっているため、北半球の地上局と交信できない。ディープスペースネットワークは、複数の通信施設で交信をカバーすることになっているが、地球からボイジャー2号と交信できるのは、南半球にあるキャンベラ深宇宙通信施設の直径70メートルの大型パラボラアンテナ「DSS43」のみとなっている。

1973年から稼働する「DSS43」は、ボイジャー2号との交信に用いられてきた無線通信機が47年間交換されていないなど、老朽化がすすんでいた。そこでジェット推進研究所は、2020年3月、「DSS43」の稼働を中断し、その改修に着手。新しい無線通信機2基が導入されたほか、冷暖房設備や電源装置などが交換されている。


34時間48分後には、ボイジャー2号から応答があった......

10月30日には、テスト通信として「DSS43」からボイジャー2号に向けて指令を送った。34時間48分後には、ボイジャー2号から信号を受信したことを確認する応答があり、指令も問題なく実行された。ジェット推進研究所のブラッド・アーノルド氏は「今回のボイジャー2号とのテスト通信は、一連の改修がうまくいっていることを示すものだ」とその成果を強調している。

「DSS43」の改修は11ヶ月の予定ですすめられており、2021年2月には、その稼働が再開される見込みだ。なお、「DSS43」の改修期間中も、ボイジャー2号の運用状況や星間空間での観測データは、キャンベラ深宇宙通信施設に設置されている直径34メートルの無線アンテナ3基で継続的に受信している。

ボイジャーは、2025年には搭載されている原子力電池の一種RTGの寿命となると言われており、それまで太陽圏外の貴重な観測データを送ってくれることが期待されている。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、気候変動対策で新たな大統領令を用意 来

ワールド

バイデン米大統領、新STARTの5年延長を模索=関

ワールド

ファイザー、一部EU諸国へのコロナワクチン供給を半

ワールド

OPECプラス、12月の減産順守率は99%=関係筋

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 5

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 8

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 9

    韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、…

  • 10

    バイデン、大統領就任直後に出す大統領令や政策まとめ

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 7

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 8

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月