最新記事

米暴動

米「内戦」に備える新たな暴力集団ブーガルーとは何者か

At Least 32 Boogaloo Members Present Day of Kenosha Shooting, Loyalist Says

2020年9月2日(水)17時30分
ジョセリン・グジェシュチャク

デモ参加者を守るためと称し、武装して紛れ込むブーガルーと思しき参加者(テキサス州オースティン)Nuri Vallbona‐REUTERS

<全米各地の抗議デモの現場に武装して表れる過激な極右勢力ブーガルー。デモの最中に起きた銃撃事件とも関連が疑われる>

ウィスコンシン州ケノーシャで8月25日深夜、黒人差別反対デモの最中に銃撃があり、2人が死亡する事件が起きた。撃ったのは17歳白人のカイル・リッテンハウスで、殺人容疑で逮捕されたが、動機や背景はまだ明らかになっていない。

だが、極右を中心とする過激な「ブーガルーboogaloo」運動の信奉者ライアン・バルチが、事件当日リッテンハウスと会っていたことをシカゴ・サンタイムズ紙に明かしたところから、全米で悪名を馳せるブーガルーと事件の関連が脚光を浴びている。

バルチはウィスコンシン州ウェストベンドに住む退役陸軍軍人。リッテンハウスはブーガルー運動と「まったく関係ない」とバルチは言ったが、銃撃が起きた日、ケノーシャ市内に32人ものブーガルー信奉者がいたことを明らかにした

ワシントン・ポスト紙の報道によれば、その夜、ブーガルーのバッジを身に着けた男性が数人、目撃されている。

バルチは本誌に、マスコミはブーガルー信奉者を「無関係の群衆」と一緒くたにしている、と文句を言った。

ブーガルーとは何か。ユダヤ系団体の名誉毀損防止連盟(ADL)によれば、もともとは内戦を意味する俗語だが、それを白人至上主義者や極右過激派が、社会転換をもたらすための内戦を表す言葉として使い始めた。

この言葉は同時に「集団暴力を気軽に受け入れる」姿勢を指しており、一部のブーガルー支持者の間では、暴力行為に参加する「意欲の高まり」を意味することもあるという。

人種は関係ない

しかし、サンタイムズあてのメッセージの中でみずから「ブーガルー信奉者」と称したバルチは、極右勢力と、ブーガルー運動の使命には違いがあると語る。

「われわれは、争いが起きないようにしながら、抗議をする人々を必要に応じて助けることができるように、参加しているだけだ」と、本誌へのメッセージでバルチは述べた。

サンタイムズ紙には「ブーガルー信奉者」の間には、内戦が「目前に迫っている」という「一般的なコンセンサス」があると語っていたバルチだが、ブーガルーにとってその戦いは、人種とは関係がないという。

「ブーガルーの少年たちは極端なリバタリアン(自由主義)と無政府主義の理想にこだわる傾向があるので、人種は私たちにとって問題ではない」と、バルチは本誌に語った。「様々な人種や宗教の少年がブーガルーを信奉している」

25日のデモの場に足を運んだブーガルーのメンバー32人はみな、自分と「同じイデオロギーを共有していた」とバルチは言う。極右に共感してブーガルー運動に参加しようとした人々は「権威主義的な理想を支持する傾向がある」。

「(極右のメンバーは)マスコミがブーガルー運動をたたき始めるとすぐに逃げ出して、ブーガルーの名を使わなくなった」と、バルチは語った。

<参考記事>アメリカで台頭する極左アンティファとは何か──増幅し合う極右と極左
<参考記事>孤独なオタクをのみ込む極右旋風

ニュース速報

ワールド

石油・ガス市場に影響も、アルメニア・アゼルバイジャ

ワールド

CDC所長「コロナ終息程遠い」、トランプ大統領と見

ワールド

英外相、北朝鮮の非武装地帯視察へ 今週訪韓

ワールド

中国、開放政策の強化を引き続き推進=王毅外相

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 5

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    習近平、中国共産党による新疆ウイグル統治の妥当性…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月