最新記事

ロシア

毒を盛られて苦しむ反体制派ナワリヌイ......ロシア政府寄りニュースが動画を配信

Alexei Navalny 'Poisoning' Video Shows Anti-Putin Activist Crying Out in Pain

2020年8月21日(金)13時30分
デービッド・ブレナン

昨年6月にモスクワの抗議集会で警察に連行されるナワリヌイ Maxim Shemetov-REUTERS

<プーチンの強権体制に抵抗するロシアの反体制活動家が何らかの毒物を盛られて重体に――ナワリヌイ側は政府側の関与は明白と糾弾>

何らかの毒物を盛られたと報じられるロシアの反体制活動家アレクセイ・ナワリヌイが、シベリアからモスクワに向かう飛行機の機内で苦しんでうめき声を上げる様子が配信されている。

ナワリヌイは過去にも、ウラジーミル・プーチン大統領の強権政治に抵抗する活動で、何度も攻撃を受けたり拘束されたりしていた。報道担当者キラ・ヤーミシュによるとナワリヌイは20日、乗っていた飛行機がシベリアの都市オムスクに緊急着陸した後、病院に収容された。

ヤーミシュは、今回の事件についてツイッターで詳細を報告しているが、44歳のナワリヌイは現在、意識不明の状態で、人工呼吸器を装着されている。また国営タス通信は、病院で治療にあたる医師の言葉を引用して、ナワリヌイが重体に陥っていると報じている。

空港で飲んだ紅茶に毒が?

ヤーミシュは、ナワリヌイがシベリアの都市トムスクの空港で搭乗する前に飲んだ紅茶に、毒物が入れられていたと見ている。「(20日の)午前中に飲んだのはその紅茶だけだった。医師は、熱い液体なので毒物が早く吸収されたと言っている」とツイッターで述べている。

飛行機内で撮影された動画は、ロシア政府寄りと言われるニュース媒体「Lifenews」から配信された。苦しんでうめき声を上げているらしいナワリヌイに、医療スタッフが駆け寄る場面が写っている。ネットではこの他にも、ナワリヌイを乗せた担架がオムスクの空港で飛行機から運び出され、待機していた救急車に乗せられる場面を撮影した動画も拡散されている。

ロシアのLifenewsが配信した機内のナワリヌイの動画


ツイートに投稿された救急車に運び込まれるナワリヌイの動画

<関連記事:ロシアがベラルーシに軍事介入するこれだけの理由

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、貧困層への現金支給迅速化や食糧支援拡大

ワールド

ベルギー、3月まで観光目的の出入国禁止 変異種や第

ビジネス

バイデン政権の入国者隔離義務化に反対、旅行・航空業

ワールド

モデルナ製ワクチン、重篤なアレルギー反応は極めてま

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週間与える提案

  • 4

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 5

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    反政府団体らがオレゴン州民主党支部を襲撃 バイデ…

  • 8

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 9

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 10

    トランプロスの共和党重鎮、「彼には共和党の指導者…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月