最新記事

中東情勢

「歴史的」国交正常化の波に乗れないサウジの事情

For Saudi Arabia, Recognizing Israel Is Too Great a Risk

2020年8月17日(月)18時30分
デービッド・ブレナン

2018年3月、ホワイトハウスで会談したドナルド・トランプ米大統領とサウジアラビアのムハンマド皇太子Jonathan Ernst-REUTERS

<本音ではイスラエルと手を組みたい理由が山ほどあるが、「イスラム教徒の擁護者」の地位をかなぐり捨てるにはリスクが伴う>

アラブ首長国連邦(UAE)とイスラエルの国交正常化はある程度予想されていたこととは言え、アラブ・イスラエル関係における新時代の到来を告げる出来事だった。これにより、アラブ諸国とイスラエルはパレスチナ問題よりも経済発展やイラン封じ込めを優先し、協力関係を強化していくという長期的なトレンドは固まったと言える。

イスラエルとUAEの国交正常化に対する期待は以前からあったが、今回、アメリカのトランプ政権が仲介して実現した。今後、他の湾岸諸国もドミノ倒し的にかつての「仇敵」イスラエルとの国交正常化に走る可能性があり、湾岸諸国の新世代の指導者たちの下で中東におけるイスラエルの役割に対する見方が変わるかも知れない。一方で、パレスチナ人のパレスチナ国家樹立の夢は泡と消えそうだ。

UAEは他に先んじてイスラエルとの国交正常化に動いたわけだが、バーレーンやオマーンといった国々もそう遠くない未来に追随する可能性がある。イスラエルとアメリカは最終的には、中東の2つの超大国の1つであるサウジアラビアがこの動きに加わることを期待している。

サウジアラビアはイスラム教の聖地を擁し、膨大な富と石油資源、そして装備の整った軍隊を持つ国だが、それゆえにすぐに方針転換するのは難しいだろう。例え若きムハンマド・ビン・サルマン皇太子がパレスチナ問題の優先度を下げ、湾岸地域でイラン包囲網(トランプ政権が必死で構築を目指してきたものだ)を強化したいと望んでいたとしてもだ。

盟主ゆえのサウジの「難しい立場」

シンクタンク「国際危機グループ」のタレク・バコニ上級アナリストは本誌に対し、サウジアラビアの置かれた状況はUAEより複雑だと語る。詳細はまだ明らかになっていないものの、今回の合意は「(エルサレムにある)イスラム教の聖地に対するイスラエルの主権をほぼ認めたということだ」と彼は言う。

だがサウジアラビアの国王は聖地メッカとメディナにある「2つの聖なるモスク(イスラム教礼拝所)の守護者」と呼ばれている。そんなサウジアラビアがエルサレムに対するイスラエルの支配を受け入れるようなことがあれば、すべてのイスラム教徒の擁護者であるはずのサウジアラビアの建前が揺らぎかねない。「事情は(UAEとは)まったく異なると思う」とバコニは言う。

ムハンマド皇太子も自らに批判的な人々の暗殺を(直接、殺害実行を指示したかどうかはともかく)図ったとして世界から非難を浴びている身であり、政治的に配慮しなければならない問題をいろいろと抱えている。

人権活動家や女性の権利拡大を求める人々、他の王族や富裕な実業家らを投獄するなど、彼の強権的な統治手法は世界的に知られている。イエメン内戦への軍事介入は、深刻な人道的危機を引き起こしてもいる。

<参考記事>UAE・イスラエル和平合意の実現──捨て去られた「アラブの大義」
<参考記事>パレスチナ人を見殺しにするアラブ諸国 歴史が示す次の展開は...

ニュース速報

ワールド

米の航空旅客運賃、第3四半期は最低水準に コロナ禍

ワールド

東京五輪、開催される可能性低い=元ロンドン五輪組織

ビジネス

11月の海外勢の米債保有、4カ月連続で減少 日本の

ワールド

米国務長官候補、同盟関係の修復を確約 中国は「最重

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月