最新記事

新型コロナウイルス

新型コロナ「勝利宣言」のニュージーランドにも新規感染者

New Zealand Sees New COVID-19 Cases Days After Declaring Virus Eliminated

2020年6月18日(木)13時15分
スー・キム

8日に「ウイルス排除」を宣言し行動規制を全面解除していたアーダーン首相 REUTERS/Martin Hunter

<厳しいロックダウンで感染拡大を封じ込めた優等生ニュージーランドでも、連続24日間「新規感染者ゼロ」の記録が途切れた>

ニュージーランドの保健省は6月16日、国内で新型コロナウイルスの新たな感染者2人が確認されたと発表。これで24日間続いた「新規感染者ゼロ」の記録が途切れた。

同国のジャシンダ・アーダーン首相はこの1週間前の8日、ニュージーランドが国内から新型コロナウイルスを一掃したと宣言していた。

「今のところ、ニュージーランドは新型コロナウイルスを排除できていると確信している。しかしウイルスの排除は限られた時間でできるものではなく、今後も継続的な努力が必要だ」

今回、首都ウェリントンのハットバレー地区で新たに感染が報告された2人は、それぞれ30代と40代の女性。2人は家族で、イギリスからカタールの首都ドーハ、オーストラリアのブリスベンを経由して、7日にニュージーランドに到着した。到着後は隔離のためにオークランドにある施設に滞在していたが、親が死去したため政府の特別許可を受けてウェリントンに移動した。2人とも、現在は自主隔離をしているという。

米ジョンズ・ホプキンズ大学の最新の集計によれば、これでニュージーランドの感染者数は計1506人となり、このうち22人が死亡。これまでに1482人が回復している。

「闘いは終わっていない」

アーダーンは15日、世界各地で今も新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、今後は海外から帰国する市民や特別な事情により許可を受けた人々が入国するのに伴い、再び感染者が出る可能性が高いと警告していた。「闘いは終わっていない。国民には、闘いがもう終わったとは思って欲しくない」と彼女は述べた。

ニュージーランドは、新型コロナウイルスとの闘いを経て、世界に先駆けてある程度の日常を取り戻した国のひとつで、8日には国内の各種規制が全面的に解除された。入国制限は継続しているが、屋内外での集まりや小売店、宿泊・飲食サービスや公共交通機関の利用にはもう制限がない。

13日には、ウイルスの感染拡大が始まって以降初めてラグビーが再開。ハイランダースとチーフスの試合が行われたフォーサイスバースタジアムは、2万人を超えるファンで埋め尽くされた。観客にマスク着用や社会的距離の確保を義務づける制限はなかった。

<参考記事>英米メディアが絶賛、ニュージーランドが新型コロナウイルスを抑え込んでいる理由とは
<参考記事>日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは104円後半、上値重い

ワールド

豪GDP、第3四半期にプラス成長回復の見通し=中銀

ワールド

アングル:米下院選、陰謀論「Qアノン」信奉者が当選

ワールド

米コロナ感染者、先週は24%増の48.5万人超 死

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月