最新記事

韓国社会

過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

2020年5月22日(金)21時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

7週連続で最高視聴率を更新し続けた大ヒット作『夫婦の世界』では、子役のトラブルも話題となった。뉴스1 연예TV / YouTube

<日本やアジアはもとよりNetflixなどで世界へ広がる韓流ドラマ。それだけに慢心をもつ若い俳優も>

5月16日、さまざまな話題を呼んだ韓国ドラマ『夫婦の世界』が最終回を迎えた。第1話は6.3%とごく普通の視聴率だったが、回を重ねるににつれ話題を呼び、最終回は28.4%(瞬間最高視聴率31.7%)と、同じケーブル局JTBCで一昨年放送され社会的な現象を呼んだ『SKYキャッスル』の記録を抜き去り、非地上波歴代最高視聴率を更新。JTBCとしても史上初となる7週連続視聴率新記録更新を打ち立てて幕を閉じた。

このドラマ『夫婦の世界』は、イギリスBBCの大人気ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の韓国リメイク版である。今Netflixで配信され世界的ヒットを飛ばしているドラマ『梨泰院クラス』の後番組として放送が始まった。不倫された妻が夫との離婚後に繰り広げる復讐劇で、その演出の過激さから、初回から6話まで、そして9話から最終話までをR-18指定されたことでも話題となった。

魅力はジェットコースターのようなストーリーの展開の早さ。裏切りに次ぐ裏切りに目が離せないと口コミで人気を呼び、さらに、主人公の女性が頭が良く地位もお金も手にしたいわゆる成功したキャラクターでありながら、夫から不倫という裏切りを受けて復讐するという設定が見る者を魅了しているようだ。

R-18指定されたドラマの子役が喫煙・飲酒

このように、今季一番のヒット作として話題を集めていた『夫婦の世界』だが、このドラマに出演していた2人の子役に関して、過去のSNS投稿が波紋を広げている。

今月10日、オンラインコミュニティーサイトに、『夫婦の世界』で主人公夫婦の息子の友人役で出演していた子役チョン・ジウォンのFacebookからキャプチャーされた写真が数枚投稿された。

そこには、チョン・ジウォンが友人ら数人とお酒を飲み、たばこを吸っている姿が写っている。ところが、彼は2004年生まれで、今年まだ16歳だ。未成年の喫煙・飲酒が明るみになるとたちまち炎上し、『夫婦の世界』の公式HPのコメント掲示板には、チョン・ジウォンのドラマ降板を要求する書き込みが多く寄せられるようになった。

翌日5月11日、チョン・ジウォンの所属事務所ダイン・エンターテインメントは、喫煙・飲酒の事実を認め「所属俳優の管理が不十分だったことを謝罪する」とともに、「出演は、もともとすでに放送終了している14話までで、それ以降は出演しない」「内部調査を進めている。状況を綿密に把握し、二度とこのようなことが起こらないように努める」と公式文書を発表した。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

ビジネス

ナスダック最高値に接近、景気回復期待押し上げ

ワールド

ミネソタ黒人暴行死、元警官4人訴追 第2級殺人とほ

ビジネス

ドル指数11週ぶり安値、リスクオン継続 豪ドル好調

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月