最新記事

韓国社会

過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

2020年5月22日(金)21時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

7週連続で最高視聴率を更新し続けた大ヒット作『夫婦の世界』では、子役のトラブルも話題となった。뉴스1 연예TV / YouTube

<日本やアジアはもとよりNetflixなどで世界へ広がる韓流ドラマ。それだけに慢心をもつ若い俳優も>

5月16日、さまざまな話題を呼んだ韓国ドラマ『夫婦の世界』が最終回を迎えた。第1話は6.3%とごく普通の視聴率だったが、回を重ねるににつれ話題を呼び、最終回は28.4%(瞬間最高視聴率31.7%)と、同じケーブル局JTBCで一昨年放送され社会的な現象を呼んだ『SKYキャッスル』の記録を抜き去り、非地上波歴代最高視聴率を更新。JTBCとしても史上初となる7週連続視聴率新記録更新を打ち立てて幕を閉じた。

このドラマ『夫婦の世界』は、イギリスBBCの大人気ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の韓国リメイク版である。今Netflixで配信され世界的ヒットを飛ばしているドラマ『梨泰院クラス』の後番組として放送が始まった。不倫された妻が夫との離婚後に繰り広げる復讐劇で、その演出の過激さから、初回から6話まで、そして9話から最終話までをR-18指定されたことでも話題となった。

魅力はジェットコースターのようなストーリーの展開の早さ。裏切りに次ぐ裏切りに目が離せないと口コミで人気を呼び、さらに、主人公の女性が頭が良く地位もお金も手にしたいわゆる成功したキャラクターでありながら、夫から不倫という裏切りを受けて復讐するという設定が見る者を魅了しているようだ。

R-18指定されたドラマの子役が喫煙・飲酒

このように、今季一番のヒット作として話題を集めていた『夫婦の世界』だが、このドラマに出演していた2人の子役に関して、過去のSNS投稿が波紋を広げている。

今月10日、オンラインコミュニティーサイトに、『夫婦の世界』で主人公夫婦の息子の友人役で出演していた子役チョン・ジウォンのFacebookからキャプチャーされた写真が数枚投稿された。

そこには、チョン・ジウォンが友人ら数人とお酒を飲み、たばこを吸っている姿が写っている。ところが、彼は2004年生まれで、今年まだ16歳だ。未成年の喫煙・飲酒が明るみになるとたちまち炎上し、『夫婦の世界』の公式HPのコメント掲示板には、チョン・ジウォンのドラマ降板を要求する書き込みが多く寄せられるようになった。

翌日5月11日、チョン・ジウォンの所属事務所ダイン・エンターテインメントは、喫煙・飲酒の事実を認め「所属俳優の管理が不十分だったことを謝罪する」とともに、「出演は、もともとすでに放送終了している14話までで、それ以降は出演しない」「内部調査を進めている。状況を綿密に把握し、二度とこのようなことが起こらないように努める」と公式文書を発表した。

ニュース速報

ワールド

EU、新型コロナ治療薬調達で合意 ロシュとメルク=

ビジネス

伊藤忠がファミマにTOB、非公開後に一部を全農・農

ビジネス

アリババ傘下の金融アントが香港上場を計画、時価総額

ワールド

ロックダウン再実施なら対象地域を限定=フランス新首

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月