最新記事

韓国社会

過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

2020年5月22日(金)21時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

7週連続で最高視聴率を更新し続けた大ヒット作『夫婦の世界』では、子役のトラブルも話題となった。뉴스1 연예TV / YouTube

<日本やアジアはもとよりNetflixなどで世界へ広がる韓流ドラマ。それだけに慢心をもつ若い俳優も>

5月16日、さまざまな話題を呼んだ韓国ドラマ『夫婦の世界』が最終回を迎えた。第1話は6.3%とごく普通の視聴率だったが、回を重ねるににつれ話題を呼び、最終回は28.4%(瞬間最高視聴率31.7%)と、同じケーブル局JTBCで一昨年放送され社会的な現象を呼んだ『SKYキャッスル』の記録を抜き去り、非地上波歴代最高視聴率を更新。JTBCとしても史上初となる7週連続視聴率新記録更新を打ち立てて幕を閉じた。

このドラマ『夫婦の世界』は、イギリスBBCの大人気ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の韓国リメイク版である。今Netflixで配信され世界的ヒットを飛ばしているドラマ『梨泰院クラス』の後番組として放送が始まった。不倫された妻が夫との離婚後に繰り広げる復讐劇で、その演出の過激さから、初回から6話まで、そして9話から最終話までをR-18指定されたことでも話題となった。

魅力はジェットコースターのようなストーリーの展開の早さ。裏切りに次ぐ裏切りに目が離せないと口コミで人気を呼び、さらに、主人公の女性が頭が良く地位もお金も手にしたいわゆる成功したキャラクターでありながら、夫から不倫という裏切りを受けて復讐するという設定が見る者を魅了しているようだ。

R-18指定されたドラマの子役が喫煙・飲酒

このように、今季一番のヒット作として話題を集めていた『夫婦の世界』だが、このドラマに出演していた2人の子役に関して、過去のSNS投稿が波紋を広げている。

今月10日、オンラインコミュニティーサイトに、『夫婦の世界』で主人公夫婦の息子の友人役で出演していた子役チョン・ジウォンのFacebookからキャプチャーされた写真が数枚投稿された。

そこには、チョン・ジウォンが友人ら数人とお酒を飲み、たばこを吸っている姿が写っている。ところが、彼は2004年生まれで、今年まだ16歳だ。未成年の喫煙・飲酒が明るみになるとたちまち炎上し、『夫婦の世界』の公式HPのコメント掲示板には、チョン・ジウォンのドラマ降板を要求する書き込みが多く寄せられるようになった。

翌日5月11日、チョン・ジウォンの所属事務所ダイン・エンターテインメントは、喫煙・飲酒の事実を認め「所属俳優の管理が不十分だったことを謝罪する」とともに、「出演は、もともとすでに放送終了している14話までで、それ以降は出演しない」「内部調査を進めている。状況を綿密に把握し、二度とこのようなことが起こらないように努める」と公式文書を発表した。

ニュース速報

ビジネス

米ハイテク株主導で続伸、ダウ週間で4週連続値下がり

ビジネス

ドル上昇、週間では4月上旬以来の大幅な値上がり=N

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット判事を指名意

ワールド

パリ刃物襲撃で2人負傷、シャルリエブド元本社前 テ

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 4

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 5

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 6

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 7

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 8

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 9

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月