最新記事

事件

16歳の妹を兄弟が「名誉殺人」 婚前交渉は家族の恥というインドネシア

2020年5月16日(土)18時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

妹の“名誉殺人”の容疑で拘束された容疑者。KOMPASTV / YouTube

<裁かれるべきは兄弟や関係をもった男か、あるいは男尊女卑を許す社会か──>

インドネシア・スラウェシ島南スラウェシ州南部のバンタエン県で16歳の少女が20歳と30歳の兄弟に惨殺される事件が起きた。

地元バンタエン警察によると、兄弟はこの妹が親戚にあたる男性(45)と婚姻関係がないにも関わらず性的関係をもったことから「将来結婚できない」「家族の恥である」として殺害したいわゆる「名誉殺人」の可能性がある、とみている。

刑法上の規定がないため警察では通常の殺人事件として捜査を続けており、今後起訴されて裁判の結果有罪となれば最高で死刑の可能性があるとしている。

イスラム教徒が人口の88%と圧倒的多数を占めるインドネシアではあるが、イスラム教を国教とはしていないことから一部地域を除いて「イスラム法」は適用されていない。

インドやパキスタン、バングラデシュさらに中東などで時々伝えられる「名誉殺人」だが、イスラム教国ではなく、法的にも道義的にも認められていないインドネシアではこれまで「名誉殺人」の例はほとんど聞いたことがないことから今回の兄弟による妹殺害は衝撃的なニュースとして伝えられ、注目を集めている。

破談の妹を殺害、相手のいとこを監禁

地元メディアなどの報道によると5月12日にバンタエン警察が16歳の少女ロスミニさんが10日に自宅で兄弟2人によって斧、鋭利な棒などによって惨殺されたことを明らかにした。

犯行に及んだ兄弟ラーマン・ビン・ダルウィス容疑者(30)とスプリアント・ビン・ダルウィス容疑者(20)の2人は警察に身柄を拘束されており、現在取り調べを受けているという。

2容疑者は取り調べに対し、ロスミニさんにはいとこにあたる親戚の45歳男性との間で縁談が進んでいた。しかしこの男性がロスミニさんとの結婚に反対したものの、どういう経緯かはこれまでのところ不明だが性的関係をもってしまったという。

ロスミニさんからそれを聞いた兄弟は当初「魔術で騙された結果」と疑ったものの最後には「縁談は破談になったにも関わらず、性的関係をもてば今後妹と結婚したいという男性は現れないだろう。一家の恥である」と激怒して殺害を決意、実行したことを自供しているという。

さらに兄弟は妹を殺害した後に、縁談を断ったにも関わらず性的関係をロスミニさんともったといういとこの男性宅に押しかけて監禁して問い詰めた。この監禁にはたまたま通りかかった近所の男性らも巻き込まれ、一時はいとこを含めた男性3人が人質状態となっていたという。

結局は通報を受けて駆けつけた警察官の説得を受け入れて約2時間後にいとこの男性ら3人は負傷していたものの命に別状はなく解放され、警察は兄弟を「計画殺人」の容疑で逮捕した。

ロスミニさんの母親は兄弟による妹の殺害という未曾有の惨事に精神を乱しており、警察の事情聴取にも応じられない状況が続いていると地元メディアに警察は話している。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

ビジネス

ナスダック最高値に接近、景気回復期待押し上げ

ワールド

ミネソタ黒人暴行死、元警官4人訴追 第2級殺人とほ

ビジネス

ドル指数11週ぶり安値、リスクオン継続 豪ドル好調

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月