最新記事

事件

16歳の妹を兄弟が「名誉殺人」 婚前交渉は家族の恥というインドネシア

2020年5月16日(土)18時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

妹の“名誉殺人”の容疑で拘束された容疑者。KOMPASTV / YouTube

<裁かれるべきは兄弟や関係をもった男か、あるいは男尊女卑を許す社会か──>

インドネシア・スラウェシ島南スラウェシ州南部のバンタエン県で16歳の少女が20歳と30歳の兄弟に惨殺される事件が起きた。

地元バンタエン警察によると、兄弟はこの妹が親戚にあたる男性(45)と婚姻関係がないにも関わらず性的関係をもったことから「将来結婚できない」「家族の恥である」として殺害したいわゆる「名誉殺人」の可能性がある、とみている。

刑法上の規定がないため警察では通常の殺人事件として捜査を続けており、今後起訴されて裁判の結果有罪となれば最高で死刑の可能性があるとしている。

イスラム教徒が人口の88%と圧倒的多数を占めるインドネシアではあるが、イスラム教を国教とはしていないことから一部地域を除いて「イスラム法」は適用されていない。

インドやパキスタン、バングラデシュさらに中東などで時々伝えられる「名誉殺人」だが、イスラム教国ではなく、法的にも道義的にも認められていないインドネシアではこれまで「名誉殺人」の例はほとんど聞いたことがないことから今回の兄弟による妹殺害は衝撃的なニュースとして伝えられ、注目を集めている。

破談の妹を殺害、相手のいとこを監禁

地元メディアなどの報道によると5月12日にバンタエン警察が16歳の少女ロスミニさんが10日に自宅で兄弟2人によって斧、鋭利な棒などによって惨殺されたことを明らかにした。

犯行に及んだ兄弟ラーマン・ビン・ダルウィス容疑者(30)とスプリアント・ビン・ダルウィス容疑者(20)の2人は警察に身柄を拘束されており、現在取り調べを受けているという。

2容疑者は取り調べに対し、ロスミニさんにはいとこにあたる親戚の45歳男性との間で縁談が進んでいた。しかしこの男性がロスミニさんとの結婚に反対したものの、どういう経緯かはこれまでのところ不明だが性的関係をもってしまったという。

ロスミニさんからそれを聞いた兄弟は当初「魔術で騙された結果」と疑ったものの最後には「縁談は破談になったにも関わらず、性的関係をもてば今後妹と結婚したいという男性は現れないだろう。一家の恥である」と激怒して殺害を決意、実行したことを自供しているという。

さらに兄弟は妹を殺害した後に、縁談を断ったにも関わらず性的関係をロスミニさんともったといういとこの男性宅に押しかけて監禁して問い詰めた。この監禁にはたまたま通りかかった近所の男性らも巻き込まれ、一時はいとこを含めた男性3人が人質状態となっていたという。

結局は通報を受けて駆けつけた警察官の説得を受け入れて約2時間後にいとこの男性ら3人は負傷していたものの命に別状はなく解放され、警察は兄弟を「計画殺人」の容疑で逮捕した。

ロスミニさんの母親は兄弟による妹の殺害という未曾有の惨事に精神を乱しており、警察の事情聴取にも応じられない状況が続いていると地元メディアに警察は話している。

ニュース速報

ワールド

インフルエンザワクチン、北半球の一部で追加入手が困

ワールド

留学や長期滞在の外国人の入国を10月から再開=菅首

ビジネス

日立の送配電網子会社、2025年までに利益が目標上

ビジネス

ANAHD、「検討の事実ない」 2000億円規模の

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月