最新記事

事件

16歳の妹を兄弟が「名誉殺人」 婚前交渉は家族の恥というインドネシア

2020年5月16日(土)18時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

妹の“名誉殺人”の容疑で拘束された容疑者。KOMPASTV / YouTube

<裁かれるべきは兄弟や関係をもった男か、あるいは男尊女卑を許す社会か──>

インドネシア・スラウェシ島南スラウェシ州南部のバンタエン県で16歳の少女が20歳と30歳の兄弟に惨殺される事件が起きた。

地元バンタエン警察によると、兄弟はこの妹が親戚にあたる男性(45)と婚姻関係がないにも関わらず性的関係をもったことから「将来結婚できない」「家族の恥である」として殺害したいわゆる「名誉殺人」の可能性がある、とみている。

刑法上の規定がないため警察では通常の殺人事件として捜査を続けており、今後起訴されて裁判の結果有罪となれば最高で死刑の可能性があるとしている。

イスラム教徒が人口の88%と圧倒的多数を占めるインドネシアではあるが、イスラム教を国教とはしていないことから一部地域を除いて「イスラム法」は適用されていない。

インドやパキスタン、バングラデシュさらに中東などで時々伝えられる「名誉殺人」だが、イスラム教国ではなく、法的にも道義的にも認められていないインドネシアではこれまで「名誉殺人」の例はほとんど聞いたことがないことから今回の兄弟による妹殺害は衝撃的なニュースとして伝えられ、注目を集めている。

破談の妹を殺害、相手のいとこを監禁

地元メディアなどの報道によると5月12日にバンタエン警察が16歳の少女ロスミニさんが10日に自宅で兄弟2人によって斧、鋭利な棒などによって惨殺されたことを明らかにした。

犯行に及んだ兄弟ラーマン・ビン・ダルウィス容疑者(30)とスプリアント・ビン・ダルウィス容疑者(20)の2人は警察に身柄を拘束されており、現在取り調べを受けているという。

2容疑者は取り調べに対し、ロスミニさんにはいとこにあたる親戚の45歳男性との間で縁談が進んでいた。しかしこの男性がロスミニさんとの結婚に反対したものの、どういう経緯かはこれまでのところ不明だが性的関係をもってしまったという。

ロスミニさんからそれを聞いた兄弟は当初「魔術で騙された結果」と疑ったものの最後には「縁談は破談になったにも関わらず、性的関係をもてば今後妹と結婚したいという男性は現れないだろう。一家の恥である」と激怒して殺害を決意、実行したことを自供しているという。

さらに兄弟は妹を殺害した後に、縁談を断ったにも関わらず性的関係をロスミニさんともったといういとこの男性宅に押しかけて監禁して問い詰めた。この監禁にはたまたま通りかかった近所の男性らも巻き込まれ、一時はいとこを含めた男性3人が人質状態となっていたという。

結局は通報を受けて駆けつけた警察官の説得を受け入れて約2時間後にいとこの男性ら3人は負傷していたものの命に別状はなく解放され、警察は兄弟を「計画殺人」の容疑で逮捕した。

ロスミニさんの母親は兄弟による妹の殺害という未曾有の惨事に精神を乱しており、警察の事情聴取にも応じられない状況が続いていると地元メディアに警察は話している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

英裁判所、アサンジ被告の不服申し立て認める 米への

ワールド

ウクライナ、北東部国境の町の6割を死守 激しい市街
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中