最新記事

韓国

韓国、選挙でもドライブスルーやフェイスシールド 新型コロナウイルスと闘いつつの国会議員選挙 

2020年4月10日(金)10時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

新型コロナウイルスの影響で有権者との接触が難しい選挙運動を強いられている候補者 연합뉴스TV / YouTube

<外出自粛や社会的距離が求められるなか、総選挙に突入する国の騒動は......>

今月15日は韓国の「第21代総選挙」の投票日だ。300議席をめぐって争われるこの選挙は、文在寅大統領の中間評価という位置づけでもあり注目されている。10日からは期日前の事前投票が開始された。

昨年末まで日本でも大きく報道されていた曺国(チョ・グク)前法相をめぐる問題などの影響で、文在寅大統領の支持率が低迷していたが、今年に入りコロナ対策での与党の評価は上がっている。そんななか、2月中旬には、韓国の最大野党である自由韓国党を含む保守派3党が結集した新党「未来統合党」が発足し、若者の雇用問題など文在寅政権の弱点を訴えつつ、若者層にどれだけアピールできるかが注目されている。

それというのも、昨年末12月27日の選挙法改正により、韓国でも満18歳から投票権をもつようになった。今回は方改正後初めての総選挙となるため、今回の候補者たちの選挙活動キーワードは「若者に響く」そして、「コロナ対策」だと言えるだろう。

もともとユニークなパフォーマンスが多い韓国の選挙活動は有名である。エコアピールのために徒歩や自転車での移動というのは当たり前。街頭演説では歌や踊り、流行りの曲の替え歌なども定番化している。最近では多くの候補者がユーチューブチャンネル開設も行っており、公約アピールだけではなくプライベートな姿も動画で公開して、親近感を得るのに役立てている。

今回は、そんな日本では思いも付かないユニークな韓国の選挙活動を見てみよう。

公約実現後を演じる候補、人気ドラマの主人公をパクる保守系大物......

自局の大ヒットドラマ『梨泰院クラス』を保守系大物候補ホン・ジュンピョが選挙活動に利用したことを伝えるJTBCニュースルーム

自局の大ヒットドラマ『梨泰院クラス』を保守系大物候補ホン・ジュンピョが選挙活動に利用したことを伝えるJTBCニュースルーム JTBC News / YouTube

釜山の候補者ジョン・グン氏は、自ら公約に掲げた「地下鉄開通」をアピールするため、架空の駅起工式を行っている。3月8日から11日まで、地下鉄が通っておらず建設を希望する商業地区などで4回にわたって「希望の起工式」というパフォーマンスを行って注目を浴びた。

若者層票を取り込みたい候補者は、トレンドを意識した作戦に乗り出している。大邱から出馬した候補者で元自由韓国党代表の保守系大物政治家ホン・ジュンピョ氏は、WEBコミックからドラマ化されネットフリックスで世界配信もされているJTBCの大ヒットドラマ『梨泰院クラス』の人気にあやかり、自身を主人公に例えたポスターを発表し話題となった。

主人公パク・"セロイ"に准えた、ホン・"セロイ"という名前と、主人公キャラクターと自分との共通点を書き出したポスターは、SNSにアップされたとたん注目を集めたが、なんと原作者に使用許可を取っておらず、著作権者である原作漫画家チョ・グァンジン氏は7日、インスタグラムに「『梨泰院クラス』がどのような政治の影響も受けないことを望んでいます」と、無断使用について拒否感を表したコメントをアップした。

その後、パロディーポスターはSNSから削除されているが、ニュースなどでこの一連の騒動が報道されたため、悪目立ちとなったものの結果的に若者層に候補者の名前が浸透することとなった。

ニュース速報

ワールド

米民主バイデン氏「核実験の検討は無謀」 政権が協議

ワールド

フィリピン、首都マニラの封鎖6月から緩和 感染者は

ワールド

コロナ対策の郵送投票、共和党員は民主党員より懐疑的

ビジネス

都区部コアCPI5月は+0.2%と予想外の上昇、巣

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月