最新記事

韓国社会

元KARAク・ハラ、死後に噴き出した韓国の闇──遺産争い・N番部屋・女性嫌悪

2020年4月14日(火)20時10分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

子供を捨てた親の相続権を剥奪できるよう「ク・ハラ法」の制定を訴える兄ク・ホイン CBS 김현정의 뉴스쇼 / YouTube

<K-POPの女性アイドルとして活躍した女性の周囲にはさまざまな韓国社会の闇が広がっていた>

昨年11月24日、元KARAのメンバー、ク・ハラが自ら命を絶ったという衝撃のニュースが駆けめぐった。あれからもうすぐ5カ月が経とうとしているが、彼女の死は今もなお韓国社会では様々な社会的イシューを投げかけ続けている。

ここ数週間で「ク・ハラ法」という言葉をよく目にするようになった。これは、ク・ハラの実兄が呼びかけ成立させようとしている法案である。

彼によると、ク・ハラの母親はハラ9歳、兄11歳の時に家を出ていき、その後20年近くまったく連絡をよこさなかった。その後、両親は離婚し、2006年に母親は親権を放棄したという。ハラと兄は祖母と叔母が育て上げ、父親はその間全国の建設工事現場を渡り歩いて生活費を稼いでいたそうだ。

ク・ハラが亡くなって突如現れた母

ところが、ク・ハラが亡くなり報道されるようになると、この母親は突然弁護士を通じて兄に連絡をよこすようになった。ハラの残した財産について5対5で分け合おうというのだ。

その後、葬式の場に姿を現し、今まで自ら連絡すらしなかった母親が、参列者に「自分がハラの母親だ」とアピールしながら、それをスマホで録音し相続の証拠にしようとしていたことも兄の証言で明らかにされている。

今まで母親として会おうともせず、捨てたも同然の子供の財産を親が相続できるのだろうか。韓国の民法1000条「相続順位」の項を見てみると、優先順が最も高いのは、子供と配偶者であり、2番目が両親、そして3番目が兄弟姉妹となっている。

もちろん生前に正式な遺言などを残した場合などの特例は認められているが、未婚で子供もなく、遺言に財産分与について記述がなかったク・ハラの場合、最優先相続者は自動的に両親となる。

問題は、何十年も連絡もなく親権を放棄したのにもかかわらず、血縁のみで相続権利が認められているという点だ。これに疑問をもったク・ハラの兄は、3月18日弁護士を立て、国民同意請願のホームページで「子供を捨てた親の相続権を剥奪」できるよう法改正を訴えた。国会国民同意請願では、オンライン上で30日以内に10万人以上の同意を得らえれば関連法の所轄常任委員会で審査を受けることができ、法律の見直しも可能となる。

4月1日には、地上波放送局MBCが二人の兄妹の辛かった半生を紹介しつつ、ク・ハラ法を立法請願した経緯をつづった特集番組を放送して、ますます韓国国民の注目を集めた。そのかいあってか、国会国民同意請願は4月3日に同意者10万人を突破、審議入りが決定している。

ク・ハラの兄は、法改正がされた後も、このまま「ク・ハラ法」で立法したいと考えている。その思いには、世間が彼女を忘れないように、そして今後も同じ境遇で苦しんでいる人々をク・ハラが守るという意味合いを込めているという。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、気候変動対策で新たな大統領令を用意 来

ワールド

バイデン米大統領、新STARTの5年延長を模索=関

ワールド

ファイザー、一部EU諸国へのコロナワクチン供給を半

ワールド

OPECプラス、12月の減産順守率は99%=関係筋

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 5

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 8

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 9

    韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、…

  • 10

    バイデン、大統領就任直後に出す大統領令や政策まとめ

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 7

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 8

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月