最新記事

パンデミック

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(3日現在)

2020年4月3日(金)17時45分

写真は2日、英チェシントンで新型コロナウイルスの検査を行う医療関係者(2020年 ロイター/Toby Melville)

■優等生シンガポールでも感染増、コロナ封じ込めの困難さ

シンガポールはこれまでは、新型コロナウイルスとの闘いで世界の模範と称賛されてきた。しかしこの小さな都市国家で今、お得意の徹底した策をもってしても感染拡大に歯止めがかからない。疫学専門家は、世界が新型コロナ封じ込めに取り組む上で、シンガポールの例が先行きに不吉な影を落としていると懸念している。

■米、今年は1946年以来最大のマイナス成長 失業率15%超も=モルガンS予想

米銀モルガン・スタンレーは3日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年の米経済成長率が5.5%のマイナスになると予想した。1946年以来、最大のマイナス成長となる。第2・四半期は38%ものマイナス成長を見込む。

■新型コロナ、世界の死者5.3万人超す 感染者100万人以上

ロイターの集計によると、新型コロナウイルスの感染者は世界全体で100万人を超え、死者は5万3007人となった。

■ポンド、対ドルでの下げ幾分回復へ 予想値は大幅下方修正

ロイター為替予測調査によると、英ポンドGBP=は今後1年で、対ドルでの下落分を幾分取り戻すと予想されている。ただ、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、相場予想は前月から大幅に下方修正された。

■米政権の新型コロナ顧問、「社会的距離の指針」順守を呼びかけ

米ホワイトハウスの新型コロナ対策顧問を務めるデボラ・バークス氏は2日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染を防ぐために、濃厚な対人接触を避ける「社会的距離の指針」をもっと順守するよう米国民に呼びかけた。

■新興国通貨、1年後までに年初来の下げ幅縮小へ

ロイター為替予測調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大で大きく売り込まれた新興国通貨は、今年これまでの下落分を取り戻すのは難しい見通しだが、新型ウイルスの世界的流行が落ち着けば、一部の通貨は1年後までに下げ幅を縮小すると予想されている。

■中国の新型コロナ死者4人、全員武漢 市当局は感染拡大を警戒

中国国家衛生健康委員会の発表によると、2日に中国本土で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は31人で、このうち2人は国内での感染者だった。死者は4人で全員、新型コロナの発生地である湖北省・武漢市の患者。同省ではこの日、新たな感染者は確認されなかった。

■ブラジル、新型コロナ対策で米中などに支援と協力要請=保健相

ブラジルで医療・防護用品が底を突いてきており、数週間以内に新型コロナウイルス感染拡大対策で厳しい状況に追い込まれる見通しとなっている。中国に発注した医療・防護用品の新たな到着は、今後1カ月は見込めないという。

■世界の新型コロナ感染者、実際は1000万人の可能性=豪医療当局

豪政府のチーフメディカルオフィサーを務めるブレンダン・マーフィー氏は3日、新型コロナウイルスの感染者が実際には世界で500万─1000万人に達している可能性があると語った。

■「トップガン」続編、新型コロナの影響で12月に公開延期

米パラマウント・ピクチャーズは2日、トム・クルーズ主演映画「トップガン」(1986年)の続編「トップガン・マーヴェリック」について、新型コロナウイルス感染拡大の影響により公開日を6月24日から12月23日に延期すると発表した。

■米エアビー、自社評価額を260億ドルに引き下げ=関係筋

米民泊仲介大手エアビーアンドビーは自社評価額を16%引き下げ、260億ドルにした。事情に詳しい関係筋が2日、明らかにした。新型コロナウイルスの世界的流行による宿泊予約の落ち込みを受けた。

ニュース速報

ビジネス

アングル:ソフトバンクGに米中リスク浮上、アリババ

ワールド

サムスンのトップを検察が聴取、2015年の合併と不

ビジネス

日経平均は大幅続伸、2か月半ぶりに2万1000円台

ワールド

独政府、社会的距離ルールを6月29日まで延長へ=国

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月