最新記事

パンデミック

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(17日現在)

2020年4月17日(金)20時30分

写真は米フロリダ州マイアミで16日撮影(2020年 ロイター/Marco Bello)

■モデルナが寄り前17.6%高、コロナワクチン候補開発に米政府機関から資金支援

*米ワクチン開発モデルナが寄り前取引で17.6%急伸し47.75ドル。

■アップルの投資判断を「セル」に引き下げ=ゴールドマン

*ゴールドマン・サックス、米アップル株の投資判断を「セル」に引き下げ。新型コロナウイルスの感染拡大による低迷が理由。

■インド中銀、リバースレポレートを25bp引き下げ 銀行の融資促す

インド準備銀行(中央銀行)は17日、銀行の融資を促し経済成長を下支えするため、政策金利のリバースレポレートを25ベーシスポイント(bp)引き下げ、3.75%にすると発表した。

■S&P、インドネシアの格付け見通しを「ネガティブ」に

大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは、インドネシアの格付け「BBB/Aー2」を据え置く一方、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。

■武漢市、新型コロナ死者数を大幅修正 50%増の3869人

中国国営テレビの中国中央電視台(CCTV)によると、新型コロナウイルスの発生地である湖北省武漢市は17日、新型コロナ感染者数と死者数を上方修正した。感染者数は325人増え、累計5万0333人。死者は1290人増え、3869人となった。死者の数は50%増となった。報告の誤りや遅れに対応した修正という。

■新型コロナウイルス、世界の感染者214万人超・死者14.37万人超

ロイターの集計によると、新型コロナウイルスの感染者は世界全体で214万人を超え、死者は14万3744人となった。

■コロナ対策、十分かどうかはまだ判断できずー独連銀総裁=通信社

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁はブルームバーグとのインタビューで、ユーロ圏の新型コロナウイルス対策が十分かどうかは、現時点ではまだ判断できないと述べた。

■スイスのロシュ、新型コロナの抗体検査キットを来月までに投入へ

スイス製薬大手ロシュは17日、新型コロナウイルス感染の抗体を調べる血液検査キットを来月までに投入すると発表した。抗体検査によって新型コロナへの免疫を獲得した人を特定し、移動制限などの対象から除外できれば、経済活動の再開につながる可能性がある。

■交通機関利用時などのマスク着用、英政府は義務化を=ロンドン市長

英ロンドンのサディク・カーン市長は17日、ロンドンを中心に移動したり、買い物をしたりする人々を対象にマスクの着用などを義務化するよう英政府に求めた。

■米ニーマン・マーカス、今週期限の債務返済を見送り 破綻の瀬戸際に

米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループは、今週期限を迎えた債務の返済を見送った。同社は新型コロナウイルス流行で店舗を一時的に閉鎖しており、資金難で破綻の瀬戸際に立たされていることがあらためて浮き彫りとなった形だ。

■新型コロナ、中国経常収支に中長期的に影響及ぼさず=外為当局

中国国家外為管理局(SAFE)は17日、第1・四半期の経常収支は、新型コロナウイルスが猛威をふるったにもかかわらず、基本的に均衡を維持し妥当な範囲内に収まったと説明し、新型コロナが中長期的に経常収支に影響を及ぼすことはないとの見通しを示した。

■インド中銀、リバースレポレートを25bp引き下げ 銀行の融資促す

インド準備銀行(中央銀行)は17日、銀行の融資を促し経済成長を下支えするため、政策金利のリバースレポレートを25ベーシスポイント(bp)引き下げ、3.75%にすると発表した。

■日英仏など5カ国、IMFの貧困削減対策に117億ドル拠出

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は16日、日・英・仏・カナダ・オーストラリアの5カ国が、IMFの低所得国向け譲渡的融資制度「貧困削減・成長トラスト(PRGT)」に総額117億ドルを拠出することに同意したと発表した。

■英金融当局、自動車金融会社などに返済の3カ月凍結を要請

英金融行動監視機構(FCA)は17日、自動車を担保に融資を行う金融業者に対し、新型コロナウイルスの感染拡大で一時的に支払いが困難となっている顧客の返済を一時凍結するよう要請した。

■新型コロナなぜ再陽性、韓国で進む研究と新たな疑問

韓国では新型コロナウイルス感染症から回復したのに、その後のウイルス検査で再び陽性と判定される事例が、数はまだ少ないものの、増えてきている。同国保健当局者は、可能性が考えられるいくつかの説明を研究している。


【関連記事】
・東京都で新たに201人の新型コロナウイルス感染確認 1日で過去最多
・新型コロナウイルス、モノの表面にはどのくらい残り続ける?
・コロナ対策の優等生、台湾の評価が急上昇
・イタリア、新型コロナウイルス新規感染者は鈍化 死者なお高水準

ニュース速報

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

ビジネス

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 2

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増加する「排斥」の雰囲気

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    「千人計画」の真相――習近平の軍民融合戦略で変容

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月