最新記事

BOOKS

目黒女児虐待死事件で逮捕された母親が手記に書いていたこと

2020年2月25日(火)21時40分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<あんな事件を起こしておきながら本を出すなんて――。そんな私の気持ちは、読んでみて変わった。当初は弁護士以外との面会も拒否していた彼女が、内心を吐露した手記を出版した理由>

目黒区児童虐待死事件で逮捕された母親の船戸優里被告が、手記を出版するらしい――。最初にそう聞いたとき、少なからず憤りを感じたことは否定できない。

2018年3月に度重なる虐待の末、結愛(ゆあ)ちゃんが亡くなった痛ましい事件だ。優里被告とその再婚相手である船戸雄大被告が逮捕され、まだ5歳の結愛ちゃんが書き遺していた「もうパパとママにいわれなくても しっかりとじぶんから きょうよりかもっともっと あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください」といった言葉と共に大きく報じられた。

あれだけのことをしておきながら本を出すなど、考えられないと感じたからである。だがその『結愛へ――目黒区虐待死事件 母の獄中手記』(小学館)を読んだ結果、気持ちは少なからず変わった。

優里被告は当初、弁護人以外との面会や手紙の外部交通を自ら拒否し、運動時間にすら居房から出なかった。しかし2019年9月17日に東京地裁の判決(懲役8年を言い渡され控訴)を受けて以降は、多くの人の励ましや取材の申し入れに応じるようになり、少しずつ自らについて語るようになっていったという。

そのころ優里被告は、ノートに自分の気持ちを書き出していた。担当弁護士が読んでみると、そこには彼女の内心の吐露があった。


 それが、本書のプロローグと第4章以下の文章です。私は、裁判という限られた時間と場所でしか表現できなかった彼女の混乱と苦悩を、ぜひ多くの人に知ってもらいたいと思いました。また、優里さんもこの手記がどう読まれるのか当初怖がりましたが、それでも同じような思いをしている方に伝えることが出来たらと、公開を決意し、出版社の理解も得て、本書が刊行されることになりました。(大谷恭子弁護士による「出版にあたって」より)

つまり本書は、そんな経緯を経て生まれたわけだ。なお、それ以前、つまり事件に至るまでを振り返った第1章から3章は、本書のために加筆されたものである。

ところで、ことあるごとに自身をバカだと決めつけていたことからも分かるように、優里被告については極度の自己肯定感の低さが指摘されていた。例えば、そのことを裏づけるのが以下の文章だ。


 結愛には私みたいにデブでブスで、人に利用されて捨てられるつまらない人間になってほしくなかった。彼の言う通り、私みたいに友達が少なくてまわりからバカだと思われ、振り返れば楽しい記憶なんて一つもないような寂しい人生、結愛には絶対に歩ませたくなかった。(13ページより)

しかし本心を素直に表現した本書を読む限り、彼女は決してバカでもつまらない人間でもない。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月