最新記事

BOOKS

目黒女児虐待死事件で逮捕された母親が手記に書いていたこと

2020年2月25日(火)21時40分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<あんな事件を起こしておきながら本を出すなんて――。そんな私の気持ちは、読んでみて変わった。当初は弁護士以外との面会も拒否していた彼女が、内心を吐露した手記を出版した理由>

目黒区児童虐待死事件で逮捕された母親の船戸優里被告が、手記を出版するらしい――。最初にそう聞いたとき、少なからず憤りを感じたことは否定できない。

2018年3月に度重なる虐待の末、結愛(ゆあ)ちゃんが亡くなった痛ましい事件だ。優里被告とその再婚相手である船戸雄大被告が逮捕され、まだ5歳の結愛ちゃんが書き遺していた「もうパパとママにいわれなくても しっかりとじぶんから きょうよりかもっともっと あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください」といった言葉と共に大きく報じられた。

あれだけのことをしておきながら本を出すなど、考えられないと感じたからである。だがその『結愛へ――目黒区虐待死事件 母の獄中手記』(小学館)を読んだ結果、気持ちは少なからず変わった。

優里被告は当初、弁護人以外との面会や手紙の外部交通を自ら拒否し、運動時間にすら居房から出なかった。しかし2019年9月17日に東京地裁の判決(懲役8年を言い渡され控訴)を受けて以降は、多くの人の励ましや取材の申し入れに応じるようになり、少しずつ自らについて語るようになっていったという。

そのころ優里被告は、ノートに自分の気持ちを書き出していた。担当弁護士が読んでみると、そこには彼女の内心の吐露があった。


 それが、本書のプロローグと第4章以下の文章です。私は、裁判という限られた時間と場所でしか表現できなかった彼女の混乱と苦悩を、ぜひ多くの人に知ってもらいたいと思いました。また、優里さんもこの手記がどう読まれるのか当初怖がりましたが、それでも同じような思いをしている方に伝えることが出来たらと、公開を決意し、出版社の理解も得て、本書が刊行されることになりました。(大谷恭子弁護士による「出版にあたって」より)

つまり本書は、そんな経緯を経て生まれたわけだ。なお、それ以前、つまり事件に至るまでを振り返った第1章から3章は、本書のために加筆されたものである。

ところで、ことあるごとに自身をバカだと決めつけていたことからも分かるように、優里被告については極度の自己肯定感の低さが指摘されていた。例えば、そのことを裏づけるのが以下の文章だ。


 結愛には私みたいにデブでブスで、人に利用されて捨てられるつまらない人間になってほしくなかった。彼の言う通り、私みたいに友達が少なくてまわりからバカだと思われ、振り返れば楽しい記憶なんて一つもないような寂しい人生、結愛には絶対に歩ませたくなかった。(13ページより)

しかし本心を素直に表現した本書を読む限り、彼女は決してバカでもつまらない人間でもない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国ハッカー集団、米コロナ救済資金数千万ドルを盗難

ワールド

ウクライナ全土へのロシア攻撃、プーチン氏の残虐性示

ビジネス

米ISM非製造業指数、11月は予想外に上昇 雇用が

ワールド

米インフルエンザ入院、10年ぶり最多 若者14人死

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月