最新記事

新型コロナウイルス

中国、新型コロナウイルス感染者6万人突破 感染拡大のピークいまだ見えず

2020年2月14日(金)16時03分

中国保健当局は2月14日、新型肺炎について、13日時点での新たな感染者は5090人、新たな死者は121人と発表した。感染者数は累計6万3851人。現在5万5748人が治療を受けている。死者の累計は1380人。写真は天津市で市民を個別訪問する医療スタッフ。提供写真。12日撮影(2020年 ロイター/China Daily via REUTERS)

中国保健当局は14日、新型肺炎について、13日時点での新たな感染者は5090人、新たな死者は121人と発表した。感染者数は累計6万3851人。現在5万5748人が治療を受けている。死者の累計は1380人。

震源地の湖北省は同日、13日時点での新たな感染者は4823人、新たな死者は116人と発表している。

このほか、黒竜江省で2人、安徽省、河南省、重慶市でそれぞれ1人、新たに死者が出た。

日本政府は13日、新型肺炎による国内初の死者を確認した。これまで中国本土以外で死者が出ているのは香港とフィリピン。

シドニー大学国際安全保障研究所の感染病専門家、アダム・カムラトスコット氏は、感染拡大がピークに近づいている兆しはないと指摘。「中国当局は感染拡大の阻止で最善を尽くしているが、これまでに講じたかなり大胆な策でも、小出しで遅すぎだったようだ」と述べた。

日本などが入港拒否のクルーズ船、カンボジアに到着

日本などが新型コロナウイルス感染への懸念から入港を拒否し、約2週間停泊できずにいたクルーズ船「ウエステルダム」は13日にカンボジア南部シアヌークビル港に到着し、14日には下船を開始した。

ウエステルダム号には、1455人の乗客と802人のクルーが乗船しているが、日本や台湾、グアム、フィリピン、タイから入港を拒否され、2週間近く停泊できずにいた。

カンボジアのフン・セン首相は乗客と握手、バラの花束を手渡した。

オーストラリア当局は14日、シドニー港に入港した別のクルーズ船の乗客1人を検査した。「呼吸器疾患」が理由だが、当局は具体的な病名は明らかにしていない。新型肺炎の可能性も否定しなかった。

クルーズ運航大手ロイヤル・カリビアン・クルーズは13日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、東南アジアで18のクルーズを取りやめたことを明らかにし、通期利益が打撃を受けると発表した。

同業カーニバルも今週、新型ウイルス感染拡大によりアジアでの残りのクルーズ運航の停止を余儀なくされた場合、通期利益が1株当り0.55─0.65ドル押し下げられるとの見通しを示している。

世界保健機関(WHO)緊急事態プログラム責任者のマイク・ライアン氏はジュネーブでのブリーフィングで、湖北省の13日の報告で感染者の増加数が1万4000人余りとなったのは、CTスキャンで肺感染が確認された患者を新たに含めたためだとし、「流行の軌道が大幅に変わったことは意味しない」との見解を示した。

トランプ米大統領は13日に放送されたインタビューで、中国当局の新型コロナウイルスへの対応を評価し、米国は中国側と緊密に協力していると語った。

一方、米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は同日、米政権が新型コロナウイルス感染拡大を巡る中国の対応に「非常に失望している」と述べた。

ロイター調査によると、中国経済は、新型コロナウイルスの感染拡大により、第1・四半期の成長率が4.5%に鈍化し、金融危機以降で最も低い水準になる見通しだ。

[北京/シアヌークビル(カンボジア) ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20200218issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。


ニュース速報

ワールド

トランプ氏、コロナ対策阻止へ 民主党が郵便投票資金

ワールド

食品流通とコロナ感染関連示す証拠なし、WHOが中国

ビジネス

コロナ禍、単親世帯を直撃 「子どもが食事抜く例も」

ビジネス

アングル:中国企業の米IPO意欲衰えず、上場廃止の

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 2

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 3

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 6

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、飲食店でエクアドル産冷凍エビの包装から新型…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月