最新記事

英王室

ヘンリー英王子夫妻、王室離脱後の「人生設計」は?

2020年1月23日(木)09時50分

英王室のヘンリー王子(写真右)とメーガン妃(同左)が王族の敬称を失い、王室から事実上「離脱」する。王室外での新たなキャリアを目指すのに伴い、公的資金は受け取らず、ウィンザー城の自宅を改装するために使われた税金も返納する方針だ。2019年10月、ロンドンで撮影(2020年 ロイター/Toby Melville)

英王室のヘンリー王子とメーガン妃が王族の敬称を失い、王室から事実上「離脱」する。王室外での新たなキャリアを目指すのに伴い、公的資金は受け取らず、ウィンザー城の自宅を改装するために使われた税金も返納する方針だ。

王室からの離脱には、夫妻が2週間前に王室の公務から退いて毎年一定期間を北米で過ごすと表明したことで起きた騒動を収拾する意向があったとみられる。

夫妻は今春をめどに王室から離れ、1年後に王室の主要メンバーによる点検が行われる。

王子称号はどうなる

ヘンリー氏は今後も王子にとどまり、王位継承位第6位も維持される。だが夫妻はもはや英国の公務には従事せず、「殿下、妃殿下」の称号は使わず、個人としての収入を求めることが認められる。

ヘンリー王子は軍隊の任務や英国連邦の青年親善大使からも退く。だが夫妻は、民間の慈善活動ネットワークとの結び付きは維持する。

誰が支払うか

夫妻はもはや英政府の王室向けファンドからの助成金を受け取らない。この助成金は王族の生活費や旅費に充当される政府支出。

夫妻はかつて、助成金は公務に必要な経費をまかなう収入の5%に相当すると話していた。残る収入は、チャールズ皇太子の個人資産から生み出されていた。

ヘンリー王子と兄のウィリアム王子の父親であるチャールズ皇太子は、今後も個人的に金銭面の支援を続けるだろうが、詳しくは説明されていない。

夫妻はまた、昨年に入居したウィンザー城の敷地内にあるフロッグモア・コテージを改装するために使われた240万ポンド(約3億4000万円)の政府資金を返納する。

王室筋の話では、夫妻は今後、このコテージの家賃を支払う。

どのように金を稼ぐか

夫妻は、自分たちの生活に必要な資金を今後どのように確保するかには言及していない。エリザベス女王の孫の中には、働いている人もいる。ビジネスや芸術に携わるベアトリス王女やユージニー王女(いずれもアンドルー王子の娘)らだ。

ヘンリー王子は昨年、米テレビ番組の司会者兼プロデューサーであるオプラ・ウィンフィリー氏と組んでアップルの動画配信サービス向けにメンタルヘルスに関するドキュメンタリーを制作すると表明していた。

また、ロンドンで昨年に開かれたウォルト・ディズニーの映画「ライオン・キング」のプレミア上映会に夫妻が出席したことを示す動画が先週末に公表された。動画では、ヘンリー王子は映画監督に元女優であるメーガン妃が吹き替えの仕事をできると話しかけ、メーガン妃は「それこそ私たちが実際にここにいる理由です。つまり売り込みです」と語った。

6カ月前に夫妻は英知的財産庁に「サセックス・ロイヤル」と「サセックス・ロイヤル財団」の商標登録を申請している。これらの商標が書籍や文房具、パジャマや靴下などの衣服、慈善活動などに使われることを想定されていた。

ただ、夫妻がセサックス・ロイヤルのブランド名と、HとMの文字の上に王冠を飾った意匠を維持するかどうかは明らかではない。

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 3

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 4

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    3年前に亡くなった7歳の娘と「再会」 韓国、VRを使った…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 9

    性的虐待への巨額賠償が、米ボーイスカウト連盟を破…

  • 10

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月