最新記事

米政治

トランプのクリスマスカードに、弾劾「弁解」の異例の手紙が入っていた

2020年1月2日(木)17時25分
トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

2019年12月5日、ワシントンのクリスマス・セレモニーにて Tom Brenner-REUTERS

<12月、通常のクリスマスカードと異なる、3点セットの異例なメッセージがホワイトハウスから関係者らに配られた。それはこれから始まる弾劾裁判における、トランプの唯一の弁解の証言でもある>

2019年12月18日、ほぼ20年ぶりに米国大統領の弾劾決議案が下院で可決された。しかし、ドナルド・トランプが上院での裁判によって権力から追放されるかどうか、未定のまま年末年始の休暇に入ってしまった。

ホワイトハウスにとってクリスマスは重要な行事だ。約90年前から、歴代大統領のためにカスタムメードのカードを作り、スタッフや支持者、連邦議会議員、そして外交パートナーなどにそれを送るという伝統を続けている。

大統領のクリスマスカードは、米国立公文書記録管理局で保管される。大きさは通常、日本の年賀状とほぼ同じで、2~3行の挨拶文に大統領のサインが付くというシンプルな作りだが、限定品なだけに、価値が付く。ものによっては2000円から2万円で売買されている。

2019年のトランプのカードがコレクターにどのように見られるか、ちょっと気になる。まず、カードが1枚ではなく、2枚。一つは通常の大きさのもので、もう一つはその4倍もの大きさだった。これに大統領自筆の手紙が挟まれているので、珍しく3点セットというわけだ。

しかも、その手紙は2700ワードで6ページにわたるもの。内容は季節を祝うものでも、新年の抱負を表明するものでもなく、自分が弾劾訴追されたことに対する激しい抗議文だったのだ。

このクリスマスカードを重視すべき理由がある。手紙の内容は12月17日にホワイトハウスが公表した、トランプからナンシー・ペロシ下院議長(民主党)に宛てた書簡と同じなのだが、そこにトランプの弁解が入っている。そして、そこにしか入っていない。

1998年に同じ弾劾調査にあったビル・クリントンは、 連邦大陪審で自分の弁護をした。1974年に弾劾訴追される寸前に辞任したリチャード・ニクソンは召喚に応じ、議会が要求した大統領執務内の会話記録を手渡し、中心的なスタッフが喚問を受けた。そして1868年に弾劾訴追されたアンドリュー・ジョンソンも、必要とされた証拠を議会に提出した。

裁かれながらその裁きを認めず、調査に協力しない唯一の大統領がトランプだ。トランプはこれまで下院の弾劾公聴会への書類提出などを拒否してきた。その結果、議会の訴えが国民に見えても、それに対するトランプ側の公式弁護は見えないままとなっている。

ニュース速報

ワールド

タイで王室支持者数十人が集会、「国王には手を出すな

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

ワールド

英国との通商合意、数日中に相違解消なら可能=EU首

ワールド

英公的部門借り入れ、GDP比103.5%に拡大 1

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月