最新記事

追悼

【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無二の追悼ジェスチャー

Watch Kobe Bryant Tributes, From 'Kobe' Chants to the '24' Second Clock

2020年1月27日(月)15時00分
スコット・マクドナルド

2007年、上海でファン・イベントに参加したときのブライアント Aly Song-REUTERS

<レジェンドの不慮の死を知った直後のNBAの試合で、選手たちはブライアントのためだけのスペシャルな別れの告げ方をした>

NBAの元スーパースター、コービー・ブライアント(41)が事故死した日、スポーツ界は偉大なアスリートの訃報を聞いて悲しみに沈んだ。

1月26日(日)の朝、ブライアントと娘のジアナ(13)が乗っていたヘリコプターがロサンゼルス郊外に墜落し、搭乗していた9人全員が死亡した。

同日午後、サンアントニオ・スパーズのホーム、テキサスのAT&Tセンターで行われたスパーズ対トロント・ラプターズ戦では、両チームが相談の上、試合開始のジャンプボールに勝ったほうは24秒ショットクロック(攻撃側のチームは24秒以内にリングにボールを当てなければならないルール)を守らずにドリブルで時間を使い切ることで合意。最初にボールを得たラプターズの選手は、24秒間シュートを打つことなくバイオレーション(反則)のコールを受けた。ロサンゼルズ・レイカーズでプレイしていたときのブライアントの背番号「24」と「24秒ルール」を掛けたユニークな追悼のジェスチャーだ。

両チームの合意はここまでだったが、次にボールを受けたスパーズがフロントコートまでボールを運ぶと、ヘッドコーチのグレッグ・ポポヴィッチの指示によって、スパーズもやはりシュートを打たずにショットクロックを使い切った。

観客はバイオレーションがコールされるたびに手を叩いて立ち上がり、会場は「コービー、コービー!」の大合唱に包まれた。

アメリカン・フットボール界も、NBAのレジェンドの突然の死を悼んだ。フロリダ州オーランドで行われたNFLプロボウルでは、キャンピングワールドスタジアムの大スクリーンにブライアントの姿が映し出され、選手とファンが共に黙祷を捧げた。

20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。

ニュース速報

ビジネス

米株上昇続く、ダウ373ドル高 ディズニー決算が支

ビジネス

ドル下落、好決算やコロナ追加対策期待でリスク選好=

ワールド

米コロナ追加対策法案、7日までに合意なければ決裂も

ワールド

米CDC、手指消毒液の誤飲に注意喚起 中西部でメタ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月