最新記事

経歴詐称

すべて偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

2019年11月20日(水)18時10分
松岡由希子

TIMEの表紙も偽物だった......

<30代半ばでトランプ大統領に抜擢された韓国系アメリカ人高官が、驚くべき経歴詐称の疑いが報じられたことを受けて辞表を提出した......>

30代半ばという若さでトランプ大統領に抜擢され、2019年4月にアメリカ国務省紛争安定化担当副次官捕に就任した韓国系アメリカ人のミナ・チャンは、一部メディアで経歴詐称の疑いが報じられたことを受けて、11月18日、ポンペオ国務長官に辞表を提出した。

「チャンの経歴には虚偽や誇張がある」

米放送局NBCは、11月13日、「チャンの経歴には虚偽や誇張がある」と報道。チャンは、公式プロフィールにおいて、ハーバード大学経営大学院(HBS)の卒業生であるとしていたが、実際は7週間の短期プログラムを受講したのみで学位は取得していない。

アメリカ陸軍戦略大学を卒業したとの経歴についても、4日間のセミナーに参加したのみという事実とは乖離している。また、副次官捕の就任直前まで代表を務めていた非営利団体「リンキング・ザ・ワールド」では、海外に多数の学校を建設したほか、ドローンを活用した災害対応にも取り組んでいたというが、NBCの取材では、そのような活動実績は認められなかったという。

「この表紙は偽物である」と公式な見解を発表

「リンキング・ザ・ワールド」の公式動画では、チャンが米誌タイムの表紙を飾ったことを画像付きで紹介していたが、タイムは「この表紙は偽物である」との公式な見解を発表。

「タイムのロゴはフォント『BemboBook』を使って作成されたもので、本物とは異なり、表紙右上の『The Perils of Plastic』という記事タイトルは、スティーブ・ジョブスを特集した2010年4月12日号 から流用したものだ」と述べている。なお、現時点では、この表紙を使った「リンキング・ザ・ワールド」の動画はすべて削除されている。

辞表を提出したが、国務省の対応に不満

米政治メディア「ポリティコ 」が入手したチャンの辞表 では、一連の経歴詐称疑惑について「当てつけだけの誹謗中傷で、私の経歴や人格が攻撃された」と主張し、「私の上司は、私を守ることもなく、私が真実に立ち向かい、私に対する濡れ衣について答えることも許してくれなかった」と国務省の対応に不満を示している。

また、「国務省のモラルは地に落ち、かつて米国の外交の特徴であったプロフェッショナリズムや同僚間の協調関係は消え去ってしまった」と国務省の組織風土についても厳しく批判。「現時点では、辞任することが、道義上、倫理上、私にとって唯一の選択肢だ」と述べている。
国務省は、現時点では、チャン氏の辞任に関して、何らコメントを出していない。

ニュース速報

ビジネス

独GDP改定値、第1四半期は前期比-2.2%・前年

ワールド

中国政府、米による中国航空会社への規制に異議

ワールド

焦点:閑散とする街の診療所、コロナが招く経営悪化 

ワールド

原油先物は上昇に転じる、ロックダウン解除で需要増に

MAGAZINE

特集:コロナ特効薬を探せ

2020-5・26号(5/19発売)

新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月