最新記事

サイバー攻撃

イギリス野党・労働党へ複数のサイバー攻撃 総選挙前にサイトがダウン

2019年11月13日(水)11時07分

来月に総選挙が行われる英国で、野党・労働党のシステムが12日にかけて複数のサイバー攻撃を受けたことが、関係者らの話で判明した。写真はブラックプールで演説する労働党のコービン党首(2019年 ロイター/PHIL NOBLE)

来月に総選挙が行われる英国で、野党・労働党のシステムが12日にかけて複数のサイバー攻撃を受けたことが、関係者らの話で判明した。

労働党は12日、党のシステムが巧妙かつ大規模なサイバー攻撃を受けたものの、防御が効き、データの漏えいはなかったと公表していた。そのわずか数時間後に2回目の攻撃があり、党のウェブサイトが閲覧できなくなったり、インターネットのサービスが停止するなどしたという。

関係者らは、1回目と2回目の攻撃の犯人が同一人物かは不明だが、外国勢力とのつながりを示す証拠は今のところ見られないとした。

労働党の報道官は2回目の攻撃について調査中で、復旧に取り組んでいるとした。

また与党・保守党もこの日、サイバー攻撃を受けたことが関係者2人の話で明らかになった。

保守党へのサイバー攻撃は1600GMT(日本時間13日午前1時)前に始まり、小1時間続いたが、党のウェブサイトが停止することはなかったという。

保守党の広報担当は現時点でコメントはないとした。

関係者の1人によると、労働党に攻撃した犯人とは異なるもようだという。

*内容を追加しました。

[ロンドン 12日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20191119issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月19日号(11月12日発売)は「世界を操る政策集団 シンクタンク大研究」特集。政治・経済を動かすブレーンか、「頭でっかちのお飾り」か。シンクタンクの機能と実力を徹底検証し、米主要シンクタンクの人脈・金脈を明かす。地域別・分野別のシンクタンク・ランキングも。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏の弾劾裁判が審理入り、運営規則案巡り与野

ワールド

米、中国に核兵器交渉への参加要請 ロシア含む三カ国

ワールド

独首相、多国間外交に中国含むべき 「新たな二極体制

ワールド

ロシア大統領、新内閣を承認 主要閣僚横滑り

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 3

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

  • 4

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 5

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 8

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    2600年前の脳がそのままの状態で保存されていた ....…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 7

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月