最新記事

タトゥー

眼にも刺青!人体装飾にハマったタトゥーの女

Woman Who Tattooed Her Eyeballs Blue Was Left Blind For Three Weeks

2019年11月5日(火)18時10分
カレダ・ラーマン

全身タトゥーは彼女にとって序の口に過ぎない amber__luke/INSTAGRAM

<「激痛」でも、肉体を飾ることやめられない。何が彼女をそうさせるのか>

眼球にタトゥーの施術を受けた女性が、3週間も失明状態になった。それでもタトゥーはやめられないという。

オーストラリアのブリスベンに住む24歳のアンバー・ルークは、バークロフトTVの取材に応じ、強膜(眼球の外層を形成する、堅くて白い繊維質の膜)に鮮やかな青の染料を入れてもらったときは、激しい痛みで目の中をガラスの破片でこすられているようだった、と語った。

しかし、モデルとして働く彼女は、痛みを苦にしない。16歳のときから全身に入れ始めたタトゥーの数は、ざっと200カ所に上る。

ルークは、インスタグラムのプロフィール欄で自分を「青い目をした白い龍」で「悪名高き変人」だと名乗り、25歳になるまでに全身にくまなくタトゥーを入れたいと話す。

眼球にタトゥーを入れた時は3週間、目が見えなくなった。施術をしたタトゥーアーティストが、眼球に針を深く刺しすぎたのが原因だったとルークは言う。

ルークはバークロフトTVに対し、「激痛だった」と語った。「眼球に針を刺して染料を流し込み始めると、施術師がガラスの破片を10個くらい持って、目にこすりつけているような感じだった」

「でも深く刺し過ぎず、適切な施術をすれば、視力を失くすことはないはずだ」

泣いてしまった母

ルークの母親ヴィッキーは、眼球にタトゥーを入れたと言われたときに泣いてしまったという。あまりにも危険な行為に思えたからだ。豪メディアのパースナウによれば、「危険があると知りながら、どうして自分の体にそんなことをするのだろう」と語ったという。

しかし、娘の決断を応援するとヴィッキーは話す。「娘を誇りに思う」

ルークは2019年10月、インスタグラムで自分もタトゥーアーティストになるつもりだと明かし、自分で彫った生まれて初めてのタトゥーの画像を投稿。次のようにコメントした。「ラインがあまりきれいじゃない。でも、誰だって最初は初心者だ。これからは毎日練習する。弟子入りして、新しいキャリアを始めるつもり」

バークロフトTVによると、ルークが初めてタトゥーを入れたのは16歳のとき。15歳のときに、医療的措置が必要な重い抑鬱状態と診断された。

<参考記事>思い出として死者のタトゥーを残しませんか
<参考記事>ラグビーW杯:オールブラックス、タトゥー隠して日本文化に配慮

ニュース速報

ワールド

電子たばこ禁止なら違法販売の恐れ、年齢制限で対応=

ワールド

香港壊滅していないのは「私のおかげ」、トランプ氏が

ワールド

ジュリアーニ氏は犯罪取締に精通、ウクライナ巡る起用

ワールド

トランプ氏、米中交渉成立の判断まだ 「合意近いかも

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 6

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月