最新記事

K-POP

元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

Goo Hara Fans Petition for Further Investigation Into Assault Allegations

2019年11月26日(火)17時20分
スー・キム

ク・ハラは元恋人からの性的暴行で傷ついていた Chung Sung-Jun/REUTERS

<K-POP界では元「f(x)」(エフエックス)の元ソルリが先月、自殺したばかり。ク・ハラの死は、彼女に性的暴行をしたとして裁判沙汰にもなった元恋人チェ・ジョンボムのせいだとファン激怒>

韓国の女性アイドルグループ「KARA」のメンバーだった歌手ク・ハラが、11月24日に死亡しているのが発見されたことについて、韓国の地元警察は声明を発表。「犯罪が疑われる不審な点は見つからなかった」と述べた。また、ハラ本人の手書きによる身辺を悲観するメモがリビングで見つかったというが、詳細は明らかにされていない。

ハラが遺体で発見されたのは、ソウル市江南区の清潭洞(チョンダムドン)にある自宅だった。

ソウル地方警察庁トップの李龍杓(イ・ヨンピョ)は声明で、「昨日(11月24日)午後6時、ク・ハラの家政婦が彼女の遺体を発見した。現場検証ならびに遺族の証言によると、犯罪が疑われる不審な点は何もない」と述べた。

「防犯カメラの映像を分析した結果、ハラは11月24日午前0時35分頃(現地時間)に帰宅したと確認された。彼女が死亡したのはそのあとだと推定される」

「家政婦はかなり以前からク・ハラと親しくなっていた。自宅を訪れたのは、ク・ハラに連絡を取ろうとしたが返事がなかったためだ」

「自宅のリビングにあるテーブルの上で、手書きのメモが発見された」

元恋人への怒りが爆発

ハラの死亡報道をきっかけに、ファンは、ハラの元恋人チェ・ジョンボムに対する怒りをあらわにしている。ハラは2018年、チェから、2人のセックスを録画した動画をネット上に流出させると脅迫されたとして裁判を起こしていた。

ソウル中央地裁はチェに対し、暴行、脅迫、強要に加え、器物損壊で有罪判決を下したが、性的暴行については無罪にしたと、K-POPサイト「allkpop」は伝えている。

ク・ハラのファンはソーシャルメディア上で、チェに対する疑念と怒りを改めて表明。ハッシュタグ「#Punish_Choi Jong-bum(チェ・ジョンボムを罰せよ)」を使いながら、ハラへの性的暴行容疑について再捜査を行うよう訴えている。

アカウント@nunuseokieは、ツイッターでこう書いている。「ハラの元恋人チェ・ジョンボムは、彼女に暴言を吐き、身体的かつ性的虐待を加えたのに、執行猶予の判決しか出ていない。チェは犯罪者であり、もっと重い刑罰を受けて当然だ。ハラは体を壊し、親友を失った。もう遅すぎるけれど、彼女には正義が捧げられるべきだ」

また@bpteapartyは以下のようにツイートした。「K-POPの熱狂的ファンのみんな、ク・ハラに性的虐待をした男を刑務所にぶち込もう。裁判は続いていて、あいつはいまだに自由の身だ。もうハラは救えないけれど、彼女や虐待を受けた女性すべてに正義をもたらすことはできる」

この投稿をInstagramで見る

재밋다ㅎㅎㅎ

구하라(@koohara__)がシェアした投稿 -

ニュース速報

ワールド

新型肺炎、北京で初の死者 世界株安進行 米大統領は

ワールド

加で新型肺炎2人目の感染確認、武漢から帰国の夫婦 

ビジネス

ECBの超緩和策、資産バブルや将来の危機招く恐れ=

ワールド

IS、イスラエル攻撃呼び掛け トランプ氏の中東和平

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 3

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 4

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 5

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 6

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 7

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月