最新記事

K-POP

元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

Goo Hara Fans Petition for Further Investigation Into Assault Allegations

2019年11月26日(火)17時20分
スー・キム

亡くなったク・ハラが初めてソロとして発表したアルバムタイトル曲 DSP Kara / YouTube

他にも、怒りのツイートは続く。

「ハラの苦しみを思うと胸が張り裂けそうだし、強烈な怒りを感じる。(チェが)刑務所に入れられていないこと自体が犯罪だ」(@elizabethashw12)

「ク・ハラを死に追いやったのはこの男だ。彼は彼女をレイプし、体も心も虐待した。隠しカメラで撮った性的動画で脅迫した。子宮から不正出血するほど彼女に暴力をふるった。ク・ハラの名において、残忍な怪物チェ・ジョンボムを決して忘れない。
#최종범_처벌」(@taymiIabts)

チェは、ソーシャルメディアで飛び交うそうした主張に対して、まだ何の反応も示していない。伝えられるところによると、チェは11月24日にハラの死が報じられると、自身のソーシャルメディアアカウントを非公開に変更したという。

5月にチェ・ジョンボムに対する初公判が行われたときの報道 Yonhapnews / YouTube

謝罪でまたバッシング

チェは2019年5月、自身の行為に関する謝罪文を公表した。しかしそのなかで、新たに開店するヘアサロンについて宣伝したため、ハラのファンからは激しい批判が寄せられる結果となっていた。

アジアン・ポップカルチャーサイト「アジアン・ジャンキー」が2019年5月に報じたところによれば、チェは謝罪文のなかで、「私は今後一生をかけて、自らの過ちについて反省していくつもりだ。私の過ちによってヘアサロンのスタッフや家族に心配をかけたが、彼らは私を信じ、支えてくれると言ってくれた」と語っている。

1カ月余り前の10月半ばには、韓国の女性グループ「f(x)」(エフエックス)の元メンバー、ソルリ(25歳)が、京畿道城南市にある自宅で死亡していたことが報じられたばかり。ク・ハラとソルリは一緒にハロウィン仮装をするなど仲の良い友人として知られ、ソルリが亡くなったときにハラは涙を流しながら「私があなたの分まで頑張って生きるから。頑張るからね」と語ったのだが、その約束は果たされることなく終わってしまった。

(翻訳:ガリレオ)

20191203issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月3日号(11月26日発売)は「香港のこれから」特集。デモ隊、香港政府、中国はどう動くか――。抵抗が沈静化しても「終わらない」理由とは? また、日本メディアではあまり報じられないデモ参加者の「本音」を香港人写真家・ジャーナリストが描きます。

ニュース速報

ビジネス

コロナショック、経済構造変化の可能性無視できず=日

ワールド

欧州司法裁、米国へのデータ移転の枠組みに無効判断

ワールド

中国、ウイグル族弾圧否定 確認のため米国務長官に訪

ワールド

中国、英のファーウェイ排除に対抗措置の用意=商務省

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1年、その実態は?

  • 3

    東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 6

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 7

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 8

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 9

    中国に不可欠な香港ドル固定相場制度、米国と対立で…

  • 10

    香港「一国二制度」の約束をさっさと反故にした、中…

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 10

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月