最新記事

2020米大統領選

米民主党最有力のウォーレンは危険なイデオローグ?

Is Elizabeth Warren an Ideologue?

2019年10月25日(金)18時00分
ウィリアム・サレタン

magw191024_Warren2.jpg

12人参加してもパンチに欠けた民主党の第4回大統領候補討論会(10月15日、オハイオ州) SHANNON STAPLETON-REUTERS

討論会後に出演したCNNの番組で、公的医療保険加入を強制するのは正しいのかと問われたウォーレンは、反対意見が存在する理由が分からないとでも言いたげな反応を見せた。「加入しない自由は重要ではないのか」と追及されても、「誰も(医療保険制度から)はじき出されないことが重要だ」と話をそらすだけだった。

国民皆保険制度のコストをめぐる疑問にも正面から向き合おうとしていない。

大統領選の民主党候補指名を争う1人、バーニー・サンダース上院議員は今年4月、メディケア・フォー・オール法案を上院に提出。ウォーレンも共同提案者として名を連ねる同法案は、保険料や診察料、自己負担枠の撤廃によって支払額の削減を実現するとサンダースは主張したが、中間層の大幅増税が必要になることを認めた。

一方でウォーレンは、この点を認めようとしなかった。討論会後、自身の医療保険制度案のコスト予想額は「大幅に変わる可能性がある」と発言。「複数の収入源」によって予算を捻出できると話したものの、その収入源がどこにあるのか、具体的に語ることはなかった。

世論調査は、ウォーレンが民主党の大統領候補指名を勝ち取り、トランプと本選を戦うことになれば、メディケア・フォー・オール、すなわち政府に医療保険を独占させる案が大きな足かせになることを示している。

だがそれは、ウォーレンが強硬に唱える、個人の自由の領域に踏み込む(と多くの有権者は感じている)無差別的な政策の1つにすぎない。

例えばウォーレンは、アメリカの大手企業は、取締役の4割を、従業員が選んだ人物にするべきだと主張した。また、巨大企業の分割にも意欲を示した。「独禁法に基づき、巨大なテクノロジー企業や製薬会社、石油企業を分割するべきだ」とウォーレンは語った。「全部だ」

異論を唱えた候補者には、カネになびいたとでも言いたげな非難を繰り広げた。「なぜこの討論会の参加者は皆、あらゆる世代の国民に投資することよりも、大富豪を守るほうが重要だと言うのか」。そして他の候補者は、大手テクノロジー企業や製薬会社から政治献金を受けていると非難した。

批判への反論は苦手?

このいわば「焦土作戦」は、ウォーレンが民主党の大統領候補の座を勝ち取る助けになるかもしれない。だがそれは、彼女自身も焼き尽くす危険をはらんでいる。中道派の候補者が手を組み、「反ウォーレン連合」を組織する可能性があるからだ。

ニュース速報

ワールド

豪、ファイザーのコロナワクチン審査を1月までに終了

ワールド

米運輸省、航空機内に同伴可能な介助動物を訓練された

ビジネス

日銀の政策運営、金融緩和の持続力・柔軟性が改めて重

ワールド

ジスカールデスタン元仏大統領が死去 新型コロナで 

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月