最新記事

2020米大統領選

米民主党最有力のウォーレンは危険なイデオローグ?

Is Elizabeth Warren an Ideologue?

2019年10月25日(金)18時00分
ウィリアム・サレタン

magw191024_Warren2.jpg

12人参加してもパンチに欠けた民主党の第4回大統領候補討論会(10月15日、オハイオ州) SHANNON STAPLETON-REUTERS

討論会後に出演したCNNの番組で、公的医療保険加入を強制するのは正しいのかと問われたウォーレンは、反対意見が存在する理由が分からないとでも言いたげな反応を見せた。「加入しない自由は重要ではないのか」と追及されても、「誰も(医療保険制度から)はじき出されないことが重要だ」と話をそらすだけだった。

国民皆保険制度のコストをめぐる疑問にも正面から向き合おうとしていない。

大統領選の民主党候補指名を争う1人、バーニー・サンダース上院議員は今年4月、メディケア・フォー・オール法案を上院に提出。ウォーレンも共同提案者として名を連ねる同法案は、保険料や診察料、自己負担枠の撤廃によって支払額の削減を実現するとサンダースは主張したが、中間層の大幅増税が必要になることを認めた。

一方でウォーレンは、この点を認めようとしなかった。討論会後、自身の医療保険制度案のコスト予想額は「大幅に変わる可能性がある」と発言。「複数の収入源」によって予算を捻出できると話したものの、その収入源がどこにあるのか、具体的に語ることはなかった。

世論調査は、ウォーレンが民主党の大統領候補指名を勝ち取り、トランプと本選を戦うことになれば、メディケア・フォー・オール、すなわち政府に医療保険を独占させる案が大きな足かせになることを示している。

だがそれは、ウォーレンが強硬に唱える、個人の自由の領域に踏み込む(と多くの有権者は感じている)無差別的な政策の1つにすぎない。

例えばウォーレンは、アメリカの大手企業は、取締役の4割を、従業員が選んだ人物にするべきだと主張した。また、巨大企業の分割にも意欲を示した。「独禁法に基づき、巨大なテクノロジー企業や製薬会社、石油企業を分割するべきだ」とウォーレンは語った。「全部だ」

異論を唱えた候補者には、カネになびいたとでも言いたげな非難を繰り広げた。「なぜこの討論会の参加者は皆、あらゆる世代の国民に投資することよりも、大富豪を守るほうが重要だと言うのか」。そして他の候補者は、大手テクノロジー企業や製薬会社から政治献金を受けていると非難した。

批判への反論は苦手?

このいわば「焦土作戦」は、ウォーレンが民主党の大統領候補の座を勝ち取る助けになるかもしれない。だがそれは、彼女自身も焼き尽くす危険をはらんでいる。中道派の候補者が手を組み、「反ウォーレン連合」を組織する可能性があるからだ。

ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反落、米株安を嫌気 FOMCへの警

ビジネス

ビットコイン、4万ドル台に上昇

ワールド

米WP紙、9月半ばまでに全従業員のコロナワクチン接

ビジネス

中国株から資金流出、IT・教育業界の規制強化で警戒

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月