最新記事

動物保護

米人気スーパーの菓子パッケージが批判を受けて変更、そのワケは?

2019年9月27日(金)18時00分
安部かすみ

人気のお菓子のパッケージが問題に...... (Trader Joe's)

<アメリカのヒット菓子のパッケージが動物愛護団体からの批判を受けて変更することになった。近年の動物愛護の状況と影響とは......>

質の高い商品を比較的安く買えるとあり、若い世代を中心に人気を集める米大手スーパーチェーンのトレーダジョーズ(Trader Joe's)で、人気の菓子パッケージに動物の絵が不当に描かれているとして、商品デザインが変更されることがわかった

問題の菓子は「バンバ・ピーナット・スナックス」(Bamba Peanut Snacks)というもの。ピーナツの風味やカリッとした食感もさることながら、3.5オンス(約99グラム)でたったの99セントというお得さもあり、ここ数年の人気商品の一つだ。

日本のカルビー・ポテトチップス(小60グラム、中85グラム、大135グラム)の大中サイズの中間ほどのサイズが約100円で売っているとイメージすれば、物価の高いアメリカで群を抜く高コスパ商品だとわかるだろう。

IMG_9469.jpg

ニューヨークにあるトレーダジョーズ(Trader Joe's)(c) Kasumi Abe

IMG_9470.jpeg

トレーダジョーズ(Trader Joe's)の店内イメージ (c) Kasumi Abe


サーカスでの曲芸をイメージさせる絵はNO

バンバ・ピーナット・スナックスが問題になったのは、菓子パッケージに象の絵が描かれているからだ。サーカスでの象の曲芸をイメージさせるものとして、動物の権利(アニマルライツ)を守るための米運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」(PETA)からクレームが入ったのだ。

91kc0mVa_.jpg

バンバ・ピーナット・スナックス

サーカスの曲芸は、動物愛護者や団体から嫌悪の対象として指摘されている。動物の体の一部をチェーンで繋ぎ動きの自由を奪っているほか、芸の練習のために、動物を鞭で叩いたり、ショックを与えたりするのが通例だからだ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国、反トラスト問題で海外当局との連携望む=人民銀

ワールド

第4四半期のフィリピンGDP、前年比-8.3% 予

ワールド

米国連大使候補、中国の「有害な取り組みに積極的に対

ワールド

タイのコロナワクチン接種、第1段階で1900万人目

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月