最新記事

台湾

男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

Fake Doctorate or Fake News

2019年9月20日(金)17時30分
ニック・アスピンウォール

野党だけでなく与党・民進党内部からも攻撃された蔡(写真は7月の訪米時) JEENAH MOON-REUTERS

<証拠示しても蔡総統の学歴疑惑騒動は収まらず――背景には対立候補の支持勢力と女性蔑視が>

台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が1984年に英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で博士号を取得したというのは嘘だ──そんな主張を(証拠を示すことなく)繰り返す2人の大学教授を、ついに蔡総統自身が名誉毀損で訴えた。

既にLSEは蔡の博士論文のコピーを、彼女の弁護団は博士号の信憑性を証す別の書面を法廷に提出している。

再選を控えた国の指導者が、自身の経歴に関する(少なくとも現時点では)根も葉もない疑惑に悩まされる。「おまえの出生証明書は偽造だ」と言われ、忍耐強く反論し続けなければならなかったアメリカの前大統領バラク・オバマのケースとよく似ている。

蔡も先月末、誹謗中傷には法的手段で対抗すると語り、学歴詐称という主張は「行き過ぎたデマ」であり「フェイクニュース」だと述べていた。

ちなみに彼女は問題の教授らを、社会秩序維持法違反ではなく名誉毀損で訴えている。前者であれば、公共の秩序を乱す有害な言動をした個人に刑事罰を科すことができる。また蔡政権与党の民主進歩党(民進党)は、外国の勢力による選挙介入に対しても同法を適用すべきだと主張している。

訴えられたのは、国立台湾大学の賀徳芬(ホー・トーフン)名誉教授と、米ノースカロライナ大学シャーロット校の林環牆(リン・ホアンチアン)准教授だ。賀は今年8月、林の独自調査で蔡が博士号を取得していないことが判明したとして、蔡の経歴詐称を告発した。ただし「調査」の内容は明らかにしていない。

これを受けて総統府は、蔡が台湾に戻ってから在籍した国立政治大学の保管している博士論文のコピーや、LSEから送られた証明書などを証拠として公表した。

真の敵は男の長老たち

それでも騒ぎは収まらず、今月に入ってからは国立台湾大学のある准教授が、蔡に博士論文の公開を求める事態となった。公表できないのは出来が悪く、合格レベルに達していないためだろうというわけだ。

実を言えば、蔡は野党・国民党だけでなく、先の民進党予備選で彼女に敗れた頼清徳(ライ・チントー)前行政院長の支持派からも攻撃を受けている。しかも露骨に性差別的な攻撃だ。例えば熱烈な頼清徳派とされる党重鎮の辜寛敏(クー・クワンミン)は蔡に、総統職を頼に譲って「国母」になればいいと呼び掛けた。

ニュース速報

ビジネス

アングル:日本株、理屈抜きの上昇 踏み上げ相場の様

ワールド

バイデン氏、米大統領選出なら香港巡り中国に制裁科す

ビジネス

アメリカン航空、管理職と後方部門の人員を30%削減

ワールド

米中が国連を舞台に衝突、香港問題巡り

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月