最新記事

インドネシア

「イスラム法も現代にアップデートを」婚外性交論じた論文、批判殺到で修正へ

2019年9月18日(水)19時25分
大塚智彦(PanAsiaNews)

コーランの読み方は時代とともに変わったが…… Feisal Omar - REUTERS

<若き研究者の意欲的な論文は、伝統的宗教観と現代社会の橋渡しをするものとして当初は高い評価を受けたが......>

世界最多のイスラム教徒を擁するインドネシア。そのイスラム教徒の間で、聖典「コーラン」の記述とイスラム教における婚外性交の解釈を巡って論争が起き、保守的イスラム教団体からの抗議で学生が執筆した博士論文の内容が修正に追い込まれる事態が起きた。

学生は抗議を受け入れて修正に応じ、大学当局も最初は高い評価を与えていた論文の内容に対する修正を認め、なおかつ「修正要求は学問の自由を侵すものではない」と弁明するに至った。

イスラム教の教義を現代の社会や状況に合わせて合理的に解釈しようとした若きイスラム教学徒の意欲的、挑戦的試みは旧態然たる保守的イスラム教団体の抗議の前にあえなく潰えたようにもみえる今回の論争を振り返る。

婚外性交は人権と伝統的教義に挑戦

中部ジャワ州のジョグジャカルタにあるスナン・カリジャガ国立イスラム大学の博士課程に在籍する学生アブドル・アジズ氏は博士論文を執筆して8月28日に論文審査会の口頭試問に臨んだ。

地元紙「ジャカルタ・ポスト」の報道によると、アジズ氏は論文の要旨に基づいた研究成果として「イスラム法の下で現在、婚外性交は許されるべきものであると考える」「婚内、婚外に関わらず性交は国家によって保護された性に関する基本的な人権である。イスラムの伝統的な教義では結婚に基づく性交だけが合法で婚外性交はそうではないとされているのが実態だが、この研究論文は婚外性交に正当な評価を与える新たな教義を見出すことを目的として書かれたものである」などと口頭試問に出席した教授陣に対して述べたという。

論文審査の教授陣、高評から一転修正を要求

ところがこの内容がメディアの関心を呼んで報道されるや否やイスラム教団体やイスラム教学者から強烈な反論が沸き起こった。

審査会に参加した教授陣は当初アジズ氏の論文内容を「非常に素晴らしい内容」と評価していたものの、外部からの批判が高まると態度を一転。2日後の8月30日にはアジズ氏に対して論文内容の修正を要求するに至ったという。

さらに次期副大統領就任が決まっているイスラム教学者マアルフ・アミン氏が所属した「インドネシア・ウラマ評議会(MUI)」も9月3日、「(アジズ氏が執筆、発表された)論文は歪んだイスラム思想を反映しており、イスラム社会と国家の倫理を損なう内容で拒否されるべきものである」との見解を発表した。加えて「全てのイスラム教徒はこの論文の意見に従わないよう求める」とのアンワル・アッバスMUI事務局長の声明を公にするなど強硬な反対論を展開した。

こうした「想定外」の強い反発や修正要求に対しアジズ氏は、批判を浴びた複数の部分を論文から削除、修正することに同意すると同時に「信仰深いイスラム教徒の人々に対し、自分の論文が巻き起こした論争についてお詫びする」と謝罪までする事態になった。



190924cover-thum.jpg※9月24日号(9月18日発売)は、「日本と韓国:悪いのはどちらか」特集。終わりなき争いを続ける日本と韓国――。コロンビア大学のキャロル・グラック教授(歴史学)が過去を政治の道具にする「記憶の政治」の愚を論じ、日本で生まれ育った元「朝鮮」籍の映画監督、ヤン ヨンヒは「私にとって韓国は長年『最も遠い国』だった」と題するルポを寄稿。泥沼の関係に陥った本当の原因とその「出口」を考える特集です。


ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、米原油・ガソリン在庫が増加

ワールド

韓国の新型コロナ新規感染者、4月5日以来最多 物流

ビジネス

アングル:日本株、理屈抜きの上昇 踏み上げ相場の様

ワールド

バイデン氏、米大統領選出なら香港巡り中国に制裁科す

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月