最新記事

イスラエル

選挙公約にパレスチナ人の土地併合を掲げるネタニヤフ

Netanyahu Plans to Annex Part of the West Bank

2019年9月12日(木)18時40分
ニコール・ストーン・グッドカインド

ヨルダン川西岸でイスラエル軍の催涙ガスから逃げるパレスチナ人活動家(3月29日) Mohamad Torokman-REUTERS

<自分の汚職疑惑をもみ消すこともできる首相の地位にしがみつき、選挙に勝ったらヨルダン川西岸を併合してみせるとアピール>

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は9月17日に行われる事実上のやり直し選挙で続投が決まれば、ヨルダン川西岸の一部地域、ヨルダン渓谷と死海の北部を併合すると、テレビ放映された演説で宣言した。ドナルド・トランプ大統領と米政府が取りまとめ中の和平合意案ができてから、調整するという。

<参考記事>イスラエル、ゴラン高原の入植地を「トランプ高原」と命名

「選挙で勝てば、何としても併合する。ここはわが国の東の国境であり、国を守る防壁だ」と、ネタニヤフは地図を指し示しながらそう説明した。ヨルダン川西岸の東端を切り取り、パレスチナの主要都市のエリコを、イスラエルの領土に取り残された陸の孤島にするつもりだ。面積は、パレスチナ自治区の一部であるヨルダン川西岸のおよそ30%に当たる」

ヨルダン川西岸はパレスチナ人も主権を主張しており、将来はここに独立国家を建設したい考え。それをネタニヤフは、米政府の承諾が得られれば、ヨルダン川西岸をすべてを併合する考えも明らかにした。

「すべての入植地にイスラエルの主権を適用できるよう、私に権限を与えてもらいたい。トランプ大統領に敬意を表し、彼の考えを聞くまでは、主権の適用を留保するつもりだ。トランプとの最高レベルの調整を経て、計画を実行したい」

今のところ米政府はネタニヤフの計画について一切コメントしていない。10日午後に行われたマイク・ポンペオ国務長官とスティーブン・ムニューシン財務長官の記者会見では、パレスチナのガザ地区を実効支配するイスラム過激派組織ハマスの幹部らを制裁対象リストに加えることは発表されたが、併合についての言及はなかった。

「重大発表」と期待をあおる

ネタニヤフは4月に行われた総選挙の前にも、イスラエルのテレビ局「チャンネル12」のインタビューで、「主権を拡大するつもりだ。すべてのユダヤ人入植地を区別しない」と述べ、ヨルダン川西岸のイスラエル併合を約束した。この発言については、極右の票を得るための政治宣伝との見方が一般的だった。

ヨルダン川西岸はイスラエルとヨルダンの間に横たわる地域で、250万人前後のパレスチナ人と40万人のユダヤ人が暮らす。1948年の第1次中東戦争でヨルダン領となったが、1967年の六日戦争(第3次中東戦争)でイスラエルが占領。1993年のオスロ合意でパレスチナの暫定自治が認められたが、今なおこの地域の多くはイスラエルの支配下にあり、ネタニヤフは全域を併合すべきだと主張。ユダヤ人の入植を強力に後押ししているが、占領地の入植と併合は国際法違反だとして批判を浴びている。

<参考記事>ゴラン高原の主権をイスラエルに認めると何が問題なのか

今回の演説を前にネタニヤフ陣営は、首相から「重大発表」をすると告知し、さまざまな憶測が流れるに任せていた。中道・左派の野党勢力は、選挙違反だとして演説を差し止めるよう選挙管理委員会に訴えたが、委員会は却下した。

これに先立つ9日には、イスラエル最大の敵イランの核施設の画像を公開。これに対しても、中道連合「青と白」のベニー・ガンツ元陸軍参謀総長は、慎重に扱うべき軍事情報を票集めに利用したと厳しく批判した。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 9

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月