最新記事

全米オープン

大坂なおみがたたえたココ・ガウフって?

CORI “COCO” GAUFF

2019年9月10日(火)17時00分
ニューズウィーク日本版編集部

大坂が妹のように気遣ったガウフとはどんな選手なのか? REX/AFLO

<インタビューに誘った相手プレイヤー「ココ」とは家族ぐるみの付き合いだった>

昨年に引き続き、9月8日に閉会した今年の全米オープンテニスにも涙の一幕があった。世界ランキング1位の大坂なおみが3回戦で15歳の新星コリ・ガウフをストレートで破った後、泣きじゃくるガウフを促して一緒にインタビューを受けたのだ。互いをたたえ合う2人の姿は世界から称賛を集めたが、大坂が妹のように気遣ったガウフとは一体どんな選手なのか。

「ココ」の愛称で親しまれるガウフは、今年のウィンブルドン選手権に彗星のごとく登場したアメリカ人選手だ。同大会に世界ランク301位ながら主催者推薦枠で出場し予選を突破すると、なんと本戦の初戦で元王者ビーナス・ウィリアムズにストレートで勝利。続く2、3回戦も見事に突破してベスト16入りを果たし、4回戦で敗れたもののグランドスラム(4大大会シングルス)デビュー戦で「ココ旋風」を巻き起こした。

大坂はガウフをインタビューに誘った理由について、「悲しみに暮れたままコートを去るのではなく」、観客に「胸を張って」直接語り掛けたほうがいいと思った、とワシントン・ポスト紙に語った。

この日、昨年の全米覇者である大坂に挑むガウフは、ニューヨークの会場で注目を一身に浴びていた。

そんな2人には共通点がある。ジョージア州アトランタ出身のガウフは、テニスの道に進むため家族でフロリダ州に移り住み、大学時代にバスケ選手だった父親によるコーチの下、ジュニアの部で躍進した。現在21歳の大坂も、同じくフロリダでテニス経験のない父親から指導を受けた。2人は打ち合いをしたこともあり、父親同士はよく話をする旧知の仲だという。

前回の全米決勝で王者セリーナ・ウィリアムズを破って初優勝した大坂は、優勝インタビューでつらい涙を流した。主審の判定に激高したウィリアムズがペナルティーを受けたことで、観客がブーイングを送ったからだ。自分と同じように家族ぐるみで大舞台に上り詰めたガウフを、涙ではなく拍手で送り出したかったのだろう。

<本誌2019年9月17日号掲載>

【関連記事】大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!
【関連記事】傷心のセレーナ・ウィリアムズを癒やした、大坂なおみとの文通

20190917issue_cover200.jpg
※9月17日号(9月10日発売)は、「顔認証の最前線」特集。生活を安全で便利にする新ツールか、独裁政権の道具か――。日常生活からビジネス、安全保障まで、日本人が知らない顔認証技術のメリットとリスクを徹底レポート。顔認証の最先端を行く中国の語られざる側面も明かす。


20201027issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月27日号(10月20日発売)は「日本人が知らない ワクチン戦争」特集。新型コロナワクチンの開発と獲得でなぜ後手を踏んだか。日本人はいつ接種できるのか。

ニュース速報

ワールド

スペインで外出禁止令検討、伊は地域別で制限措置 コ

ワールド

米英FTA、近く合意の公算 進展に「極めて満足」=

ビジネス

ユーロネクスト取引再開、前日の障害サイバー攻撃の可

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン治験、米で週内再開も

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 6

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 7

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月