最新記事

トラベル

本場スコットランドで味わう至高のスコッチ旅

Walking With Whisky

2019年9月6日(金)20時00分
ポーラ・フローリック(作家)

最高のウイスキーはゆっくりと花開き、1秒おきに味覚が変わる DAVID CROCKETT-MOMENT/GETTY IMAGES

<時代はワインセラー巡りからウイスキー・ウオークへ──スコットランドで高級シングルモルトを飲みまくる>

ブドウ畑とワインの試飲はもう古い。最新の流行はスコッチ発祥の地を訪ね歩くウイスキー・ウオークだ。

英スコットランドは昔からずっと人気の観光地だった。けれど今、観光客は特定の目的──古いスコッチを飲み倒す旅に夢中なようだ。

スコッチウイスキーはスコットランドの歴史と同じぐらい古くからあるが、一大産業になったのは19世紀。ウイスキーへの課税が大幅に引き下げられ、儲かるビジネスになってからだ。

現在では、キャンベルタウン、ハイランド、アイラ、ローランズ、スペイサイドの5つの地域に120を超える蒸留所があり、ビジネスは活況を呈している。強力な追い風となっているのがアメリカでの「ウイスキー・ルネサンス」だ。

ここ数年、ニューヨークやシカゴ、ロサンゼルスなどでは、ウイスキー専門のバーが次々にオープン。同時にウイスキー造りへの関心も高まった。

スコッチウイスキー協会の発表によると、2018年にスコットランドのウイスキー蒸留所を訪れた観光客は過去最高の200万人に達した(2017年は190万人)。大半がドイツ人とアメリカ人だ。2019年はさらに増加が見込まれている。

ラガブーリン蒸留所を所有するディアジオなどの酒類大手にとっては、絶好のビジネスチャンスだ。同社は観光客のスコッチ体験を「一変させる」ため、今後3年間で1億9000万ドルを投資すると発表した。

これはぜひ、ブームの実態を自分の目で確かめなければ!というわけで今年5月、アイラ島に直行した。アイルランド北部から約40キロ、スコットランド西岸のヘブリディーズ諸島南部にある、風が強い小さな島だ。

ワインとはここが違う

アイラ島はブルーベルの青い花と太古の森、手付かずのビーチが美しい自然の島。スコットランドで最も有名な9つの蒸留所の所在地でもある。原料の麦芽を乾燥させるとき、ピート(泥炭)を燃料に使うスコットランドの代表的な高級シングルモルトウイスキーは、全てここで造られる。

私はグラスゴーから飛行機に乗り、着陸後すぐ島の西側、インダール湾のほとりに向かった。ここには小規模生産のモダンなクラフトウイスキーで知られるブルックラディ蒸留所がある。

ニュース速報

ワールド

アングル:ビッグデータ立国の中国、民法整備で個人情

ビジネス

中国の銀行の不良債権、新型コロナで高水準に=銀保監

ビジネス

ECBインフレ目標は中期的、均整取れ柔軟=仏中銀総

ワールド

WHO事務局長が日本のコロナ対応評価、「国民の協力

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月