最新記事

香港

「自分は役立たず」デモに参加できない罪悪感に苦しむ香港人留学生

Hong Kong International Students in Minnesota Want To Protest

2019年9月4日(水)19時10分
ジェニー・フィンク

香港デモを支持するデモ(8月17日、ロンドン) Henry Nicholls-REUTERS

<アメリカにいる香港出身の留学生は、自らを「キーボード活動家」と自嘲する。遠く安全な場所からネットを通じて参加するだけ、という意味だ。だが傍観者であることのいらだちの一方には、香港とアメリカを天秤にかける自分もいる>

仲間の学生たちが命がけで反政府デモに参加しているときに、自分は傍観者として眺めることしかできない──アメリカのミネソタ州で大学に通う香港からの留学生たちは、そんな罪悪感と無力感にさいなまれている。

香港育ちのスタンリー・チョウ、ソフロニア・チュン、ヒュー・チャンの友人3人は、アメリカで勉強するためミネソタ大学に入学した。デモが始まった6月の初めには3人ともアメリカにいて、その規模の大きさが伝わるまで、事態の深刻さには気付かなかったとチュンは言う。

「香港で育った私たちは、かなり政治には無関心だと思う」と、チャンは言う。「自由と民主主義の恩恵を受けてきたし、それが当然のことだと思っていた」

<参考記事>「生きるか死ぬか」香港デモ参加者、背水の陣
<参考記事>香港人は「香港民族」、それでも共産党がこの都市国家を殺せない理由

中国大陸への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への抗議として始まったデモは、自由と民主主義を求め、警察の暴力への調査を訴える大きな民主化運動に発展した。過去数カ月の間に、デモ参加者と警察との対立は、時には暴力沙汰に発展し、1989年に中国で起きた天安門事件を連想させるものにもなった。

デモ参加者の一部は逮捕され、その他の参加者も今後、報復される危険に直面しているが、運動の勢いが衰える兆しはない。故郷から遠く離れた場所にいるチョウ、チュン、チャンにとって、傍観し続けるしかないのは辛い。

香港のデモ隊と警察はまた激しく衝突した(9月3日、旺角で)


一時帰国してデモに参加

「(香港にいれば)もっと多くのことができたのに、と感じる」と、チョウは言う。「ここアメリカにいて、見ているだけではなく、戦いの最前線に身を投じて、旗を掲げたり、催涙ガスを浴びたりすることができたかもしれないのに」

チョウは8月初旬に急遽、デモに参加するために香港に戻った。チャンはもともとビザ更新の必要があったので、夏に香港に帰った。

チャンは7月の間に、何度かデモに参加した。両親は心配し、チャン自身も危険を感じていたが、自分がしなければならないことだと感じた。チョウは自分がやったことは十分ではないし、今でも友人たちをはじめデモ参加者の力になれるように、もっと活動するべきだったと感じている。

「運動にそれほど大きな貢献はできなくても、自分には留まる義務があると感じた」と、チョウは言う。「香港というコミュニティの一員として、自分の責任を果たすために必要なことだった」

それは簡単なことではない。すでに帰りの航空券を購入済みで、次の学期も始まるため、チョウとチャンはアメリカに戻った。

今、自分たちは「キーボード活動家」だとチュンは言う。故郷で起こっていることについてソーシャルメディアに投稿することしかできず、無力感にさいなまれている。

ニュース速報

ワールド

米大統領選討論会、コロナ対応や最高裁判事人事で激論

ビジネス

8月新設住宅着工戸数は前年比9.1%減=国交省

ワールド

米大統領選討論会、トランプ氏は白人至上主義者の糾弾

ワールド

インドネシア議会、来年度予算案を承認 景気支援と財

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月