最新記事

白人至上主義

「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったので、一般の方はご注意下さい

'OK' Hand Gesture Added to ADL Extremist Symbol List

2019年9月27日(金)15時30分
イワン・パーマー

ADLのリストに追加されたそのほかのミームには、2015年にサウスカロライナ州チャールストンにある黒人教会で銃を乱射し、9人を殺害したディラン・ルーフのボウルカット(おかっぱ頭)が含まれている。彼と同じ髪型にすることで、彼への支持や尊敬の念を表明する人々がいるためだ。

webw190927-white02.jpg2017年8月にバージニア州シャーロッツビルで開かれた極右集会「ユナイト・ザ・ライト」に参加した、白人至上主義者のクリストファー・キャントウェルは、極右ソーシャルネットワークのGabに、ルーフと同じ髪型に合成加工した自分の画像を投稿していた。

キャントウェルは、同SNS上で公然とルーフを称賛する白人至上主義者の集まり「ボウル・ギャング」や、ルーフの支持者が不定期に放送しているポッドキャストの番組「ボウルキャスト」などともつながりがあった。

「危険信号として役立てて欲しい」

ユダヤ人男性を差別的に描いた風刺漫画「ハッピー・マーシャント」も、ADLのデータベースに追加された。ADLはこの風刺画について、「白人至上主義者の間で群を抜いて人気がある反ユダヤ的なミーム」だと説明している。

かつてマクドナルドの広告に登場した人種差別主義者のラッパーを彷彿とさせる「ムーンマン」も、ADLのデータベースに追加された。「ムーンマン」は、このラッパーの動画と人種差別的なスピーチを組み合わせたミームだ。

ADL過激主義センターのマーク・ピットキャベジ上級研究員は、「これらはヘイト(憎悪)を表現する新たなシンボルだ」と語った。「一部のシンボルは一時的な流行で終わるが、独り歩きをしてオンライン・トロール(荒らし)のツールになるシンボルもある。ADLではそのように影響力を持ち続けるシンボルや、オンラインから現実世界へと広まったシンボルに特に注目している」

ADLは2000年以降、独自のデータベースを作成して発表している。過激主義や反ユダヤ主義に対する人々の関心を高めることが、その目的だ。

「過激主義者たちは、定期的に新しいシンボルやミーム、スローガンをつくって、自分たちの憎悪に満ちた感情を表現している」と、ADLのジョナサン・グリーンブラットCEOは言う。

「コミュニティーや学校が危険信号として役立てることができるように、司法当局や一般市民に、こうしたシンボルの意味をきちんと知らせる必要があると考えている」

それにしても、OKサインがネオナチへの支持を示すサインになってしまうとは危ないことこの上ない。既存のシンボルへの浸食はいつ止まるのか。

どんどん増える白人至上主義のシンボル

(翻訳:森美歩)

20191001issue_cover200.jpg
※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏鉱工業生産、9月は予想に反して小幅増加

ビジネス

アリババ、香港IPOを14日にも開始 134億ドル

ビジネス

英CPI上昇率、10月は前年比1.5% 3年ぶり低

ビジネス

香港キャセイ航空、利益見通しを再び下方修正 反政府

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 2

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 3

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 4

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 5

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 6

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 7

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 8

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 9

    「バグダディ死亡」共同通信記事の間違った認識

  • 10

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 4

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

  • 5

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 8

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 9

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 10

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月