最新記事

白人至上主義

「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったので、一般の方はご注意下さい

'OK' Hand Gesture Added to ADL Extremist Symbol List

2019年9月27日(金)15時30分
イワン・パーマー

ADLのリストに追加されたそのほかのミームには、2015年にサウスカロライナ州チャールストンにある黒人教会で銃を乱射し、9人を殺害したディラン・ルーフのボウルカット(おかっぱ頭)が含まれている。彼と同じ髪型にすることで、彼への支持や尊敬の念を表明する人々がいるためだ。

webw190927-white02.jpg2017年8月にバージニア州シャーロッツビルで開かれた極右集会「ユナイト・ザ・ライト」に参加した、白人至上主義者のクリストファー・キャントウェルは、極右ソーシャルネットワークのGabに、ルーフと同じ髪型に合成加工した自分の画像を投稿していた。

キャントウェルは、同SNS上で公然とルーフを称賛する白人至上主義者の集まり「ボウル・ギャング」や、ルーフの支持者が不定期に放送しているポッドキャストの番組「ボウルキャスト」などともつながりがあった。

「危険信号として役立てて欲しい」

ユダヤ人男性を差別的に描いた風刺漫画「ハッピー・マーシャント」も、ADLのデータベースに追加された。ADLはこの風刺画について、「白人至上主義者の間で群を抜いて人気がある反ユダヤ的なミーム」だと説明している。

かつてマクドナルドの広告に登場した人種差別主義者のラッパーを彷彿とさせる「ムーンマン」も、ADLのデータベースに追加された。「ムーンマン」は、このラッパーの動画と人種差別的なスピーチを組み合わせたミームだ。

ADL過激主義センターのマーク・ピットキャベジ上級研究員は、「これらはヘイト(憎悪)を表現する新たなシンボルだ」と語った。「一部のシンボルは一時的な流行で終わるが、独り歩きをしてオンライン・トロール(荒らし)のツールになるシンボルもある。ADLではそのように影響力を持ち続けるシンボルや、オンラインから現実世界へと広まったシンボルに特に注目している」

ADLは2000年以降、独自のデータベースを作成して発表している。過激主義や反ユダヤ主義に対する人々の関心を高めることが、その目的だ。

「過激主義者たちは、定期的に新しいシンボルやミーム、スローガンをつくって、自分たちの憎悪に満ちた感情を表現している」と、ADLのジョナサン・グリーンブラットCEOは言う。

「コミュニティーや学校が危険信号として役立てることができるように、司法当局や一般市民に、こうしたシンボルの意味をきちんと知らせる必要があると考えている」

それにしても、OKサインがネオナチへの支持を示すサインになってしまうとは危ないことこの上ない。既存のシンボルへの浸食はいつ止まるのか。

どんどん増える白人至上主義のシンボル

(翻訳:森美歩)

20191001issue_cover200.jpg
※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。

ニュース速報

ビジネス

ECB、喫緊の緩和不要 インフレ年内低迷=デギンド

ビジネス

米失業保険申請83.7万件に減少、高止まりで追加支

ビジネス

東証が全銘柄の取引を終日停止、社長「責任痛感」 2

ワールド

フィリピン中銀、政策金利据え置き 110億ドルの財

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇…

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 7

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 10

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月