最新記事

米大統領選2020

2020年米大統領選、民主党の急進左派に「共倒れ」懸念

2019年8月19日(月)10時41分

2人は政策面で重なる部分が多いものの、選挙戦におけるアピールの手法は違いが鮮明だ。

オクラホマ州の労働者家庭で育ったウォーレン氏は、地方を地盤とするポピュリスト(大衆迎合主義者)だと自らを定義しているが、サンダース氏のほうは「ムーブメント(運動)」の主導者であることを強調している。

訴える有権者が異なっているという証拠もある。モンマス大の世論調査の責任者、パトリック・マレー氏は、ウォーレン氏の支持率が最近になって急上昇したのは、サンダース氏だけでなくほかの全ての候補から支持を奪っているからだとの見方を示す。一方で、サンダース氏の中核的な支持層は決して彼を見捨てないだろうという。

ウォーレン氏は女性、中でも大卒者が魅力を感じるかもしれない。これらの層をサンダース氏は取り込むことができない。アイオワ州在住のジャネット・コードウェルさん(66)は「男たちが支配する世界にはもううんざりしている」と述べた。

とはいえ、ウォーレン、サンダース両氏にとって、今のところはそれぞれの陣営に支持者が流れることは最も懸念すべき事態ではない。PCCCのグリーン氏によると、むしろ双方とも急進左派がトランプ氏に勝利できることを訴えかけているという。

投票権を持つ党員の多くはまだバイデン氏を支持しているが、その認識は変わりつつあるという。

(James Oliphant記者)

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20190827issue_cover200.jpg
※8月27日号(8月20日発売)は、「香港の出口」特集。終わりの見えないデモと警察の「暴力」――「中国軍介入」以外の結末はないのか。香港版天安門事件となる可能性から、武力鎮圧となったらその後に起こること、習近平直属・武装警察部隊の正体まで。また、デモ隊は暴徒なのか英雄なのかを、デモ現場のルポから描きます。


ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月