最新記事

領空侵犯

ロシアの領空侵犯は日米韓への挑発か

Russia May Be Testing U.S. Military's World Order with Air Fight Over Asia

2019年7月24日(水)16時40分
トム・オコナー

竹島上空に侵入したベリエフA50空中警戒管制機の同型機 Alexander Zemlianichenko/REUTERS

<竹島上空をロシア機が領空侵犯するという前代未聞の試みは、アメリカ主導の世界的軍事秩序に対するロシアの挑戦状かもしれない>

日本と韓国が領有権争いをしている竹島の上空をロシアと中国の戦闘機が侵犯し、韓国軍から警告射撃を受けるというきわめて珍しい事件が起きた。これは、アメリカが考える世界の軍事秩序に対するロシアの示威行為とみることもできる。

韓国合同参謀本部は7月23日、ロシアと中国の空軍が韓国防空識別圏(KADIZ)に「侵入」し、その後ロシア軍2機が、日本が領有権を主張し、韓国が実効支配している竹島(韓国名・独島)上空の領空を侵犯したという声明を発表した。これに対して韓国は戦闘機をスクランブル発進させ、「フレア(おとり用熱源)発射と警告射撃を含む戦術的行動をとった」。

合同参謀本部は「ロシアの軍用機が韓国の空域に侵入したのは今回が初めて」としている。

韓国の聯合ニュースがある当局者の話として伝えたところでは、最初に領空に侵入したロシアのベリエフA50空中警戒管制機は通信による警告に応答しなかった。そこで韓国のF-15KとF-16K戦闘機が「フレア10発送り、80発の警告射撃を行った」という。その後まもなくロシア軍機は再び韓国領空を侵犯したため、韓国軍機は「より強力な軍事行動をとり、フレア10発と280発の警告射撃を実施した」。

<参考記事>ロシア「撃ち落とせない極超音速ミサイル」を実戦配備へ

中ロは共同訓練中?

韓国側の説明をロシア政府は完全否定したが、ロシアは中国と急接近しており、これまで何度も東アジア地域でアメリカとその同盟国に対して挑発行動をしている。

ロシアの国営タス通信によれば、ロシア国防省は中国のH6-K爆撃機とロシアのTu-95MS爆撃機は「日本海と東シナ海の計画されたルートの巡回飛行を実施していた」と述べ、それは「両国にとってアジア太平洋地域における初の長距離航空機による共同巡回飛行」であると説明した。そして「この飛行は2019年の軍事協力計画の一環として行われたもので、第三国に対するものではない」と付け加えた。

ロシア国防省は「飛行記録によれば、他国空域の侵犯はなかった」と主張し、また警告射撃を行ったという韓国側の発表を否定。もしそうであればロシア機のパイロットは「即時応戦していたはずだ」と語った。

<参考記事>次の戦争では中・ロに勝てないと、米連邦機関が警告

中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は記者会見で、この事件については認識がないと述べながら、「侵入」という言葉は「慎重に」使用されるべきだと語った。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月