最新記事

領空侵犯

ロシアの領空侵犯は日米韓への挑発か

Russia May Be Testing U.S. Military's World Order with Air Fight Over Asia

2019年7月24日(水)16時40分
トム・オコナー

竹島上空に侵入したベリエフA50空中警戒管制機の同型機 Alexander Zemlianichenko/REUTERS

<竹島上空をロシア機が領空侵犯するという前代未聞の試みは、アメリカ主導の世界的軍事秩序に対するロシアの挑戦状かもしれない>

日本と韓国が領有権争いをしている竹島の上空をロシアと中国の戦闘機が侵犯し、韓国軍から警告射撃を受けるというきわめて珍しい事件が起きた。これは、アメリカが考える世界の軍事秩序に対するロシアの示威行為とみることもできる。

韓国合同参謀本部は7月23日、ロシアと中国の空軍が韓国防空識別圏(KADIZ)に「侵入」し、その後ロシア軍2機が、日本が領有権を主張し、韓国が実効支配している竹島(韓国名・独島)上空の領空を侵犯したという声明を発表した。これに対して韓国は戦闘機をスクランブル発進させ、「フレア(おとり用熱源)発射と警告射撃を含む戦術的行動をとった」。

合同参謀本部は「ロシアの軍用機が韓国の空域に侵入したのは今回が初めて」としている。

韓国の聯合ニュースがある当局者の話として伝えたところでは、最初に領空に侵入したロシアのベリエフA50空中警戒管制機は通信による警告に応答しなかった。そこで韓国のF-15KとF-16K戦闘機が「フレア10発送り、80発の警告射撃を行った」という。その後まもなくロシア軍機は再び韓国領空を侵犯したため、韓国軍機は「より強力な軍事行動をとり、フレア10発と280発の警告射撃を実施した」。

<参考記事>ロシア「撃ち落とせない極超音速ミサイル」を実戦配備へ

中ロは共同訓練中?

韓国側の説明をロシア政府は完全否定したが、ロシアは中国と急接近しており、これまで何度も東アジア地域でアメリカとその同盟国に対して挑発行動をしている。

ロシアの国営タス通信によれば、ロシア国防省は中国のH6-K爆撃機とロシアのTu-95MS爆撃機は「日本海と東シナ海の計画されたルートの巡回飛行を実施していた」と述べ、それは「両国にとってアジア太平洋地域における初の長距離航空機による共同巡回飛行」であると説明した。そして「この飛行は2019年の軍事協力計画の一環として行われたもので、第三国に対するものではない」と付け加えた。

ロシア国防省は「飛行記録によれば、他国空域の侵犯はなかった」と主張し、また警告射撃を行ったという韓国側の発表を否定。もしそうであればロシア機のパイロットは「即時応戦していたはずだ」と語った。

<参考記事>次の戦争では中・ロに勝てないと、米連邦機関が警告

中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は記者会見で、この事件については認識がないと述べながら、「侵入」という言葉は「慎重に」使用されるべきだと語った。

関連ワード

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 2

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 3

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 6

    フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はど…

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 10

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 10

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月