最新記事

欧州極右

イタリア次期首相の有力候補を襲った「ロシア疑惑」

2019年7月17日(水)17時45分
シェーン・クロウチャー

親ロシアの姿勢を隠そうとしないサルビニ AP/AFLO

<イタリア極右政党にロシアがオイルマネーの違法提供疑惑、それでも党首は人気の維持に自信>

次期首相の有力候補を「ロシア疑惑」が直撃した。渦中の人物は、マッテオ・サルビニ。イタリアの極右政党「同盟」の党首で、現在の連立政権で副首相と内相を兼務している人物だ。

ニュースサイトの「バズフィード」が、サルビニの側近とロシア側関係者の会話の音声を入手した。その中では、ロシアのオイルマネーを違法に「同盟」に提供することが話し合われていた(サルビニは疑惑を否定)。

会談は、18年10月にモスクワで行われた。同じ時期にサルビニはモスクワでプーチン大統領と面会している。サルビニは親ロシアの姿勢を隠さず、ロシアとの関係強化を目指してきた。

筋金入りのナショナリストであるサルビニは、反移民の主張を前面に押し出して支持を伸ばし、首相候補に躍り出ていた。

「(今回の疑惑で)人気が下がるとは思えない」と、英バーミンガム大学のイタリア政治専門家ダニエレ・アルベルタッツィは言う。「イタリア人にはほかにもたくさん関心事があるし、これがフェイクニュースだという主張を信じる人も多い。現時点では確実な証拠もない」

アルベルタッツィによれば、来春までにサルビニ政権が誕生する可能性は十分にある。

<本誌2019年7月23日号掲載>

20190723issue_cover-200.jpg
※7月23日号(7月17日発売)は、「日本人が知るべきMMT」特集。世界が熱狂し、日本をモデルとする現代貨幣理論(MMT)。景気刺激のためどれだけ借金しても「通貨を発行できる国家は破綻しない」は本当か。世界経済の先行きが不安視されるなかで、景気を冷やしかねない消費増税を10月に控えた日本で今、注目の高まるMMTを徹底解説します。


ニュース速報

ワールド

WHO事務局長、新型コロナ対応を擁護 トランプ氏の

ワールド

国連総長「今はコロナ対応評価すべきでない」、米大統

ワールド

NY州の新型コロナ死者、連日の最多更新 社会的距離

ワールド

欧州で新型コロナ感染拡大継続、抑制策解除は時期尚早

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさを懸念

  • 3

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8日現在)

  • 4

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 8

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 9

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月