最新記事

核合意

イラン「低濃縮ウラン貯蔵量が核合意の上限突破」 米国は圧力継続と表明

2019年7月2日(火)09時15分

イランは1日、低濃縮ウラン貯蔵量が2015年の核合意で規定した上限を超えたと明らかにした。写真はIAEA本部で3月4日撮影(2019年 ロイター/Leonhard Foeger)

イランは1日、低濃縮ウラン貯蔵量が2015年の核合意で規定した上限を超えたと明らかにした。米政府は同国への圧力を継続すると即座に表明した。

米国が一方的に核合意から離脱して以降、イランが合意義務に違反するのは今回が初めて。国際原子力機関(IAEA)も、イランの低濃縮ウラン貯蔵量が2015年の核合意で定められた上限を超えたことを確認した。

ホワイトハウスは声明を発表し、イランに最大の圧力をかける米国の政策はイランが方針を変更しない限り継続すると表明。イランのウラン濃縮を禁止すべきと主張し、「イラン政権に対する最大限の圧力はイラン首脳陣が行動方針を変更するまで継続する」と強調した。[nL4N24245N]

ホワイトハウスでのイベントでトランプ米大統領は、イランに対するメッセージはあるかとの質問に、メッセージはないとした上で、イランは何をしているか認識しているはずだと述べ、イランは「火遊びをしている」と批判した。[nL4N2424DJ]

一方、イランは、ウラン貯蔵量が規定の上限を超えたことについて、米国が昨年一方的に核合意から離脱したことに対応する権利を履行しているのであり、合意違反ではないと主張した。

ザリフ外相はツイッターで、核合意には違反していないと強調。合意に盛り込まれた規定順守に関する紛争解決メカニズムに言及し、「E3(英国、ドイツ、フランス)が責任を果たせば元に戻す」と述べた。イランは、核合意に基づき想定される世界貿易へのアクセスを欧州が保障することを要求している。

核合意の存続に尽力してきた欧州は、これ以上違反を犯さないようイランに警告しているが、核合意の破棄やイランへの制裁発動は控えている。

ハント英外相は、イランに核兵器を保有してほしくないため英国は核合意の維持を望んでいるとした上で「イランが合意に違反すればわれわれも立ち去るだろう」と語った。

イランは、核合意の存続を望んでいるが、核開発を制限する見返りとして得られる恩恵が米国の制裁により受けられない限り、核合意の条件を永久に順守することはできないと主張している。

[ドバイ/ウィーン 1日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 8

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 9

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 8

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月