最新記事

ISIS

フィリピンに「ホームグロウン」ISISテロの衝撃

2019年7月11日(木)11時20分
プラシャント・パラメスワラン

マラウィでの戦闘中に行われた空爆(17年6月) JORGE SILVAーREUTERS

<フィリピン政府は国外ISIS勢力による洗脳が効果を上げつつあると発表>

キリスト教国フィリピンで、テロ組織ISIS(自称イスラム国)系武装組織の不穏な影が見え隠れしている。

6月28日、フィリピン南部スールー州ホロ島でフィリピン軍兵士を狙った自爆攻撃が2件発生、計8人が死亡した。ISISが犯行声明を出した後、自爆犯のうち1人がフィリピン人だったと判明し、同国に衝撃が広がった。

フィリピン南部が武装勢力の温床であるというのは新しい話ではない。17年5月、ISIS系武装組織アブサヤフがイスラム教徒が多く住む南部ミンダナオ島のマラウィを占拠し、フィリピン国軍との間で武力衝突が勃発。1000人以上の死者を出し、5カ月後にアブサヤフの指導者が死亡して終結をみた。

フィリピン南部では昨年7月と今年1月にも自爆テロが発生していたが、2件とも外国人による犯行だった。今回、初めて自国民が自爆テロを起こしたことで、フィリピン政府は国外勢力による洗脳が効果を上げつつあると発表。今後も自国民によるテロを警戒するという。

From thediplomat.com

<本誌2019年7月16日号掲載>

20190716issue_cover200.jpg
※7月16日号(7月9日発売)は、誰も知らない場所でひと味違う旅を楽しみたい――そんなあなたに贈る「とっておきの世界旅50選」特集。知られざるイタリアの名所から、エコで豪華なホテル、冒険の秘境旅、沈船ダイビング、NY書店めぐり、ゾウを愛でるツアー、おいしい市場マップまで。「外国人の東京パーフェクトガイド」も収録。


20210126issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

1月26日号(1月19日発売)は「バイデンvs中国」特集。貿易戦争、ウイグル、テクノロジー覇権……「バイデン新政権は中国に弱腰」は本当か。

ニュース速報

ワールド

WHO、一連のコロナワクチン承認へ 貧困国に迅速供

ワールド

マドリード中心部で爆発、2人死亡 ガス漏れが原因か

ビジネス

中国人民銀、ノンバンク決済業界の独占巡る規制強化を

ビジネス

カナダ中銀、政策金利据え置き ワクチン普及で見通し

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月