最新記事

ISIS

フィリピンに「ホームグロウン」ISISテロの衝撃

2019年7月11日(木)11時20分
プラシャント・パラメスワラン

マラウィでの戦闘中に行われた空爆(17年6月) JORGE SILVAーREUTERS

<フィリピン政府は国外ISIS勢力による洗脳が効果を上げつつあると発表>

キリスト教国フィリピンで、テロ組織ISIS(自称イスラム国)系武装組織の不穏な影が見え隠れしている。

6月28日、フィリピン南部スールー州ホロ島でフィリピン軍兵士を狙った自爆攻撃が2件発生、計8人が死亡した。ISISが犯行声明を出した後、自爆犯のうち1人がフィリピン人だったと判明し、同国に衝撃が広がった。

フィリピン南部が武装勢力の温床であるというのは新しい話ではない。17年5月、ISIS系武装組織アブサヤフがイスラム教徒が多く住む南部ミンダナオ島のマラウィを占拠し、フィリピン国軍との間で武力衝突が勃発。1000人以上の死者を出し、5カ月後にアブサヤフの指導者が死亡して終結をみた。

フィリピン南部では昨年7月と今年1月にも自爆テロが発生していたが、2件とも外国人による犯行だった。今回、初めて自国民が自爆テロを起こしたことで、フィリピン政府は国外勢力による洗脳が効果を上げつつあると発表。今後も自国民によるテロを警戒するという。

From thediplomat.com

<本誌2019年7月16日号掲載>

20190716issue_cover200.jpg
※7月16日号(7月9日発売)は、誰も知らない場所でひと味違う旅を楽しみたい――そんなあなたに贈る「とっておきの世界旅50選」特集。知られざるイタリアの名所から、エコで豪華なホテル、冒険の秘境旅、沈船ダイビング、NY書店めぐり、ゾウを愛でるツアー、おいしい市場マップまで。「外国人の東京パーフェクトガイド」も収録。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 3

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…