最新記事

フィリピン

90歳迎えたフィリピンのイメルダ夫人 マルコス一族とドゥテルテ一族の関係

2019年7月15日(月)14時51分
大塚智彦(PanAsiaNews)

フェルディナンド・マルコス元大統領亡き後フィリピンに帰国し自ら政界で活躍しているイメルダ夫人 Eloisa Lopez - REUTERS

<かつて独裁政治でフィリピンを支配していたマルコス一族。マルコス元大統領亡き後も一族の影響力は残り、新たな独裁者を生み出している>

フィリピンの故フェルディナンド・マルコス元大統領の妻だったイメルダ・マルコス夫人が7月2日90歳の誕生日を迎えた。3日に開かれた祝賀行事では参加者に食中毒が発生し、多数の緊急搬送者が出て日本でも大きなニュースとなった。マニラ首都圏パシグ市のスポーツスタジアムには約2500人の支持者が集まり、イメルダ夫人の誕生日を祝うなど、マルコス政権崩壊後30年以上を経てもなおイメルダ夫人とマルコス一族の政界における影響力は(盛時に比べれば劣ったとはいえ)隠然として存在している。

事実、イメルダ夫人は現在下院議員として政界で活動している。そして長男のフェルディナンド・マルコス・ジュニア(愛称ボンボン・マルコス)氏は前上院議員で2016年には副大統領候補として出馬(結果は落選)。長女アイミー・マルコスさんはルソン島北部北イロコス州知事から今年5月13日投票のフィリピン中間選挙で上院議員に当選するなど、マルコス一族はフィリピン政界でそれぞれ存在感を示しており、ドゥテルテ政権にも影響を与えている。

ニュース速報

ワールド

香港当局、民主化デモのテーマ曲を学校で禁止に

ワールド

河井前法相と案里参院議員を起訴、参院選で総額290

ビジネス

伊藤忠からTOBの提案受けていることは事実、8日の

ビジネス

エアアジア、監査法人が「継続企業の前提」巡り警告

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月