最新記事

ロシア

催涙スプレー、ナイフ、ハンマーで父親殺害 ロシア美人3姉妹は父にレイプされPTSDだった

2019年7月12日(金)16時35分

7月11日、父親の殺人容疑で裁判にかけられているロシア人の3姉妹に同情論が巻き起こっている。写真はモスクワ市内の裁判所に出廷した被告の姉妹ら。提供写真(2019年 ロイター)

父親の殺人容疑で裁判にかけられているロシア人の3姉妹に同情論が巻き起こっている。

3姉妹は父親の睡眠中、催涙スプレー、ナイフ、ハンマーを使い襲った。捜査では、姉妹は父親から何年にもわたって身体的・性的虐待を受けていたことが判明している。

ロシアの法制度の不備も指摘されている。

法律家でDV防止専門家、アリョナ・ポポバ氏は「レイプ犯の父親と一緒に暮らしている間、少女たちが身を置いた状況は、とても身近で恐ろしいものだ。少女たちが身を守ろうと決意したため、関心を持たれている」と話す。

多くのロシア人は、DVを受けた女性に対する保護が手薄になりつつあると考えている。

欧州人権裁判所は9日、別のDV事件でロシア当局が被害者を保護しなかったと結論付けた。この被害者の女性は、元恋人からストーカー行為を受けた挙句、誘拐され暴行を受けた。

ロシアでは2017年、一部のDV行為が刑事罰の対象から外された。改正法では、家族を殴って出血や打撲を負わせた場合、繰り返さなければ最高でも罰金刑で済む。

父親を殺害した3姉妹の事件を巡っては、刑事罰の回避を求める23万人超の署名が寄せられた。

ロシアの活動家、ダリア・ポルドバ氏は「今回の事件はすべての女性に関係している。多くの女性がDVにさらされている。男性はいまだに女性を家庭用品と考えている」と語る。

3姉妹の弁護士によると、近所の住人らが父親の暴行を警察に何度も通報したが、刑事訴追は行われなかったという。

モスクワ警察とロシア捜査当局のコメントは得られていない。

弁護士によると、3姉妹は事件当時、心的外傷後ストレス障害に苦しんでいた。

[12日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

20210615issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月15日号(6月8日発売)は「世界があきれる東京五輪」特集。国民も専門家も無視する政府、日本の状況が見えないIOC。「安心・安全」とは限らない五輪を世界はこう考える


関連ワード

ニュース速報

ワールド

G7、対中国での緊密な連携で合意=カナダ首相

ワールド

ペルー大統領選、急進左派候補が過半数獲得 フジモリ

ワールド

金正恩氏が軍事委を主宰、軍事力増強を指示=KCNA

ワールド

解散、いつあってもおかしくない状況が続く─菅首相=

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月