最新記事

ロシア

催涙スプレー、ナイフ、ハンマーで父親殺害 ロシア美人3姉妹は父にレイプされPTSDだった

2019年7月12日(金)16時35分

7月11日、父親の殺人容疑で裁判にかけられているロシア人の3姉妹に同情論が巻き起こっている。写真はモスクワ市内の裁判所に出廷した被告の姉妹ら。提供写真(2019年 ロイター)

父親の殺人容疑で裁判にかけられているロシア人の3姉妹に同情論が巻き起こっている。

3姉妹は父親の睡眠中、催涙スプレー、ナイフ、ハンマーを使い襲った。捜査では、姉妹は父親から何年にもわたって身体的・性的虐待を受けていたことが判明している。

ロシアの法制度の不備も指摘されている。

法律家でDV防止専門家、アリョナ・ポポバ氏は「レイプ犯の父親と一緒に暮らしている間、少女たちが身を置いた状況は、とても身近で恐ろしいものだ。少女たちが身を守ろうと決意したため、関心を持たれている」と話す。

多くのロシア人は、DVを受けた女性に対する保護が手薄になりつつあると考えている。

欧州人権裁判所は9日、別のDV事件でロシア当局が被害者を保護しなかったと結論付けた。この被害者の女性は、元恋人からストーカー行為を受けた挙句、誘拐され暴行を受けた。

ロシアでは2017年、一部のDV行為が刑事罰の対象から外された。改正法では、家族を殴って出血や打撲を負わせた場合、繰り返さなければ最高でも罰金刑で済む。

父親を殺害した3姉妹の事件を巡っては、刑事罰の回避を求める23万人超の署名が寄せられた。

ロシアの活動家、ダリア・ポルドバ氏は「今回の事件はすべての女性に関係している。多くの女性がDVにさらされている。男性はいまだに女性を家庭用品と考えている」と語る。

3姉妹の弁護士によると、近所の住人らが父親の暴行を警察に何度も通報したが、刑事訴追は行われなかったという。

モスクワ警察とロシア捜査当局のコメントは得られていない。

弁護士によると、3姉妹は事件当時、心的外傷後ストレス障害に苦しんでいた。

[12日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

20210316issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

3月16日号(3月9日発売)は「3.11の記憶 東日本大震災から10年」特集。なぜ取材し伝え続けるのか――。櫻井翔と被災地の10年を、『news zero』キャスターの櫻井自身が初めて長編ドキュメントでつづる。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国EVメーカー3社、香港上場を計画 総額50億ド

ビジネス

アングル:アジアのジャンク債、米国債の混乱で注目の

ビジネス

日経平均は反発、円安を好感 バリュー株物色が下支え

ビジネス

午後3時のドルは109円前半、9カ月ぶり高値

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書が発表、その成果は......

  • 2

    アメリカの不用品セールで買った茶碗、5400万円超の中国の骨董品だった

  • 3

    大量の溶岩流に1000メートル以上の噴煙... それでも地元住民はへっちゃら?

  • 4

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 5

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 6

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 7

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 8

    世界の人々が実践している幸せになるための8つの秘訣

  • 9

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 6

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月