最新記事

香港

香港200万人デモ:香港政府、市民、共産党それぞれへの教訓

2019年7月1日(月)11時00分
スティーブ・ツァン(ロンドン大学東洋アフリカ研究学院中国研究所所長)

香港のデモ参加者は林鄭月娥行政長官(似顔絵)を痛烈に批判している JORGE SILVA-REUTERS

<大規模デモ成功の原因は「林鄭狙い」。中国は長官選挙の一般投票を認めるべきだ>

香港の大規模デモに表れているのは、イギリスが1997年に香港を中国に返還した際に保証されたはずの民主的な生活様式を守ろうとする市民の強い決意だ。さらに今回のデモは、3つの大きな教訓をもたらしている。それぞれ香港行政長官、デモ参加者、そして北京の指導部に対する教訓だ。

中国政府はこの数年間、1997年の返還後も香港に高度な自治を保証した「一国二制度」を骨抜きにしつつある。今回のデモを引き起こしたのは、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が逃亡犯条例の改正を目指したことだった。これは習近平(シー・チンピン)国家主 席の反汚職運動の香港拡大バージョンであり、2017年に中国の公安当局が香港から中国の富豪を拉致したような事件の再発を防ぐ狙いも込められていた。

中国政府が林鄭に改正案の成立を具体的に指示した証拠はない。だが同法案の対象を、本土からの逃亡犯だけでなく、香港市民や、一時的に滞在している外国人や観光客にまで広げたのはやり過ぎだった。改正案の対象は広範囲に及んだ。民主活動家や、本土の企業との関係をこじらせた実業家は、自分が合法的に本土に送還され、共産党の司法制度の下で裁かれることを懸念した。

デモには、香港の人口の3割近くに当たる約200万人が参加した。そこにあふれたスロー ガンからも明らかなように、デモ隊が訴えたのは共産党や習、その傀儡である林鄭への非難ではない。市民の間に広がる国家権力への不安であり、林鄭の失態への怒りだ。

林鄭は通常の手続きを経ることなく、逃亡犯条例改正案の可決を急いだ。天安門事件30周年を機に世界の目が中国に集まっていたときに、市民を武力で鎮圧するよう警察に指示。警官が市民に催涙ガスやゴム弾を使用した作戦は、貿易戦争の終結を探るためトランプ米大統領との会談に備えていた習には迷惑極まりなかった。

林鄭の当初のおざなりの対応は市民の怒りに油を注いだ。中国政府が林鄭の方針転換を容認した後、林鄭は改めて率直に謝罪。改正案導入の審議を延期すると約束したことで大規模なデモは収束したが、市民のいら立ちは今もなお収まっていない。

行政長官は北京のお荷物

今回のデモで明らかになったことが3つある。1つ目にして最も明白な教訓は、林鄭は中国当局にとってお荷物であり、行政長官として無能だということ。林鄭が香港のためにできる最良の策は、北京の指導部に更迭される前に辞任することだ。

ニュース速報

ワールド

米中通商交渉の部分合意、まだやるべきことがある=米

ビジネス

米株は小幅反落、低調な米指標が重し 決算堅調

ビジネス

ECB、9月に決定した包括的緩和策を完全実施へ=仏

ビジネス

ドル下落、米小売統計低調で追加利下げ裏付け=NY市

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 5

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 9

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 9

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月