最新記事

児童虐待

子犬を茹でて子供を虐待する「鬼母」と地獄の家

New Mexico Mother Accused of Boiling Puppies in Front of Children

2019年6月27日(木)13時30分
カラム・ペイトン

銃で撃たれたり車でひかれることもあった、と息子の1人は言う fiorigianluigi/iStock.

<母は子犬数匹を大鍋に入れて茹でて見せた、猫に毒を盛ることもあった――母親の虐待行為の数々を15人いる子どもたちが証言>

米ニューメキシコ州で6月24日、子どもと動物に対する虐待行為を繰り返したとして、15人の子どもの両親が逮捕された。AP通信によれば、母親のマーサ・クラウチ(53)は児童虐待と、子犬を生きたまま茹でたり子猫に毒を盛ったりするなどの動物虐待の容疑で訴追され、夫のティモシー・クラウチは司法妨害の容疑で訴追された。

警察によれば、逮捕容疑はミズーリ州、アラスカ州、カンザス州とモンタナ州で行われた虐待行為で、すべてのケースで15人の子どもの一部が被害に遭っている。

10代の娘は警察に、これまでに受けた精神的・身体的虐待の中でも最悪だったのは、マーサ・クラウチ容疑者が「子犬を何匹か大きな鍋に入れて茹で、子どもたち全員にそれを見せた」こと。しかも母は同じ日に、娘のペットの犬を撃ち殺したという。

<参考記事>子供13人を監禁虐待した親の家は、排泄物が壁にこびりついていた
<参考記事>飢餓状態の子供11人が保護された謎の施設、学校を襲う銃乱射を訓練か

同容疑者は、子猫に毒を盛ったり、学校に行けない理由を尋ねた罰にゴムべらで叩いたりもしたという。

別の娘は警察の事情聴取に対して、14歳で妊娠した時のことを話した。母親はその罰として、流産するまで彼女を殴ったという。

onibaba.png
         「鬼母」マーサ・クラウチ容疑者

警察に疑われるたびに引っ越し

虐待が発覚したきっかけは、サンフアン郡の保安官事務所が、2人の成人した息子の一人が暴行容疑で逮捕されたこと。この息子は過去にも誘拐や暴行の疑いがかけられていたが、捜査の過程でそれは濡れ衣だったことがわかった。彼の10代の妹が、兄は自分を虐待から救おうとしたのであり、誘拐したのではないと証言したのだ。

現在は複数の州に分かれて暮らしている成人した子どもたちの証言からは、クラウチ一家が長年にわたって警察から逃げ続けていたことも明らかになった。警察の追及の手が迫るたびに、引っ越しを繰り返してきたという。

ひとりの息子は、両親に殴られたり銃で撃たれたり、刃物で刺されたり車でひかれたりしたと語った。「母親に散弾銃で撃たれた時のBB弾が、まだ腕の中に残っている」

ニューメキシコ州の児童福祉局が、教育ネグレクトの疑いについて調べるために、自宅を訪ねてきたこともあったという。この時、母親のマーサ・クラウチはさらなる追及を逃れるために、一番下の3人の子どもを車に乗せてサンフアン川のナバホダムに連れていき、隠した疑いがある。

ティモシー・クラウチとマーサ・クラウチの両容疑者は、6月26日に裁判所に出廷する。

(翻訳:森美歩)

20190702issue_cover200.jpg
※7月2日号(6月25日発売)は「残念なリベラルの処方箋」特集。日本でもアメリカでも「リベラル」はなぜ存在感を失うのか? 政権担当能力を示しきれない野党が復活する方法は? リベラル衰退の元凶に迫る。

ニュース速報

ワールド

米国の目的はティックトックの禁止=バイトダンス創業

ワールド

中国の上期の米国産エネルギー輸入、目標の5%どまり

ワールド

帰省に関する考え方、菅長官と西村大臣に齟齬ない=安

ワールド

アルゼンチン、650億ドルの債務再編交渉で債権団と

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 3

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

  • 4

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 5

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 6

    全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 9

    欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月