最新記事

児童虐待

子犬を茹でて子供を虐待する「鬼母」と地獄の家

New Mexico Mother Accused of Boiling Puppies in Front of Children

2019年6月27日(木)13時30分
カラム・ペイトン

銃で撃たれたり車でひかれることもあった、と息子の1人は言う fiorigianluigi/iStock.

<母は子犬数匹を大鍋に入れて茹でて見せた、猫に毒を盛ることもあった――母親の虐待行為の数々を15人いる子どもたちが証言>

米ニューメキシコ州で6月24日、子どもと動物に対する虐待行為を繰り返したとして、15人の子どもの両親が逮捕された。AP通信によれば、母親のマーサ・クラウチ(53)は児童虐待と、子犬を生きたまま茹でたり子猫に毒を盛ったりするなどの動物虐待の容疑で訴追され、夫のティモシー・クラウチは司法妨害の容疑で訴追された。

警察によれば、逮捕容疑はミズーリ州、アラスカ州、カンザス州とモンタナ州で行われた虐待行為で、すべてのケースで15人の子どもの一部が被害に遭っている。

10代の娘は警察に、これまでに受けた精神的・身体的虐待の中でも最悪だったのは、マーサ・クラウチ容疑者が「子犬を何匹か大きな鍋に入れて茹で、子どもたち全員にそれを見せた」こと。しかも母は同じ日に、娘のペットの犬を撃ち殺したという。

<参考記事>子供13人を監禁虐待した親の家は、排泄物が壁にこびりついていた
<参考記事>飢餓状態の子供11人が保護された謎の施設、学校を襲う銃乱射を訓練か

同容疑者は、子猫に毒を盛ったり、学校に行けない理由を尋ねた罰にゴムべらで叩いたりもしたという。

別の娘は警察の事情聴取に対して、14歳で妊娠した時のことを話した。母親はその罰として、流産するまで彼女を殴ったという。

onibaba.png
         「鬼母」マーサ・クラウチ容疑者

警察に疑われるたびに引っ越し

虐待が発覚したきっかけは、サンフアン郡の保安官事務所が、2人の成人した息子の一人が暴行容疑で逮捕されたこと。この息子は過去にも誘拐や暴行の疑いがかけられていたが、捜査の過程でそれは濡れ衣だったことがわかった。彼の10代の妹が、兄は自分を虐待から救おうとしたのであり、誘拐したのではないと証言したのだ。

現在は複数の州に分かれて暮らしている成人した子どもたちの証言からは、クラウチ一家が長年にわたって警察から逃げ続けていたことも明らかになった。警察の追及の手が迫るたびに、引っ越しを繰り返してきたという。

ひとりの息子は、両親に殴られたり銃で撃たれたり、刃物で刺されたり車でひかれたりしたと語った。「母親に散弾銃で撃たれた時のBB弾が、まだ腕の中に残っている」

ニューメキシコ州の児童福祉局が、教育ネグレクトの疑いについて調べるために、自宅を訪ねてきたこともあったという。この時、母親のマーサ・クラウチはさらなる追及を逃れるために、一番下の3人の子どもを車に乗せてサンフアン川のナバホダムに連れていき、隠した疑いがある。

ティモシー・クラウチとマーサ・クラウチの両容疑者は、6月26日に裁判所に出廷する。

(翻訳:森美歩)

20190702issue_cover200.jpg
※7月2日号(6月25日発売)は「残念なリベラルの処方箋」特集。日本でもアメリカでも「リベラル」はなぜ存在感を失うのか? 政権担当能力を示しきれない野党が復活する方法は? リベラル衰退の元凶に迫る。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月