最新記事

朝鮮半島

韓国、北朝鮮へトランプ訪韓前の首脳会談要請 米国も北に協議呼び掛け

2019年6月20日(木)12時30分

6月19日、韓国は、北朝鮮に対し、トランプ米大統領の訪韓前に南北首脳会談を開催するよう呼び掛けた。写真はシンガポールで昨年6月撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

韓国は19日、北朝鮮に対し、トランプ米大統領の訪韓前に南北首脳会談を開催するよう呼び掛けた。また、米国は北朝鮮との協議に向けた扉は引き続き「大きく開かれている」との見解を示した。

米国のビーガン北朝鮮担当特別代表はワシントンのアトランティック・カウンシルでのフォーラムで、米国は北朝鮮との新たな協議に前提条件を設けていないと語った。

「交渉の扉は大きく開かれている。そう遠くない将来に実質的な手段でこのプロセスに再び従事することを見込み、期待している」とした。

米国には北朝鮮への安全保障提供など、シンガポールで行われた第1回目の米朝首脳会談で示されたすべてのコミットメントについて協議する用意があると述べた。ただ状況を進展させるには北朝鮮による核プログラム放棄に向けた「有意義で検証可能な」措置が必要になると指摘した。

韓国の李度勳(イ・ドフン)北朝鮮担当特別代表は同じフォーラムで、「北朝鮮に対し、トランプ大統領の来週の訪韓前に、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との南北首脳会談の招待状に応答するよう呼び掛ける」と述べた。

トランプ大統領は来週、大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した後、韓国を訪問して文大統領と会談する予定。

ベトナムのハノイで2月に行われた第2回目の米朝首脳会談は物別れに終わった。

北朝鮮はそれ以降、米国と韓国の度重なる協議再開の呼び掛けに応じていない。

米国は19日、北朝鮮による制裁回避を支援したとしてロシアの金融機関「ロシア・フィナンシャル・ソサエティー」を制裁対象に指定したと発表するなど、制裁緩和に動く兆しをみせていない。[nL4N23Q47U]

この発表の前に講演したビーガン特別代表は、北朝鮮に核兵器を放棄するよう説得する取り組みにおいてロシアと中国が担った重要な役割を強調。中国の習近平国家主席は今週の訪朝の際にこの問題について建設的なメッセージを送ると強く期待していると語った。

また、米朝はともに核協議を巡り柔軟に対応する必要性を理解しているとした上で、北朝鮮の事務レベルの交渉担当者は非核化を協議する権限を与えられる必要があると指摘した。

ビーガン氏は第2回目の米朝首脳会談以降、北朝鮮と事務レベルの協議は開催されていないものの、「政府間で数々のやり取り」が行われてきたと明らかにした。

しかし、両国はまだ「非核化」の定義で見解が一致していないとし、「どこに向かっているのか分からなければ目的地には決してたどり着かない。われわれはそれが非常に重要な出発点だと考える」と強調した。

[ワシントン 19日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

確定申告の受付期限を4月16日まで延長=国税庁

ワールド

3月2日から春休みまで全国小中高の臨時休校を要請=

ワールド

韓国、新型ウイルス感染者増加数が最多 米韓合同軍事

ビジネス

中国人民銀、的絞った預金準備率引き下げで潤沢な流動

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

  • 3

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は帰国後隔離へ

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    米軍を襲ったイラン謎の衝撃波、解明には数年かかる

  • 10

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 8

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月