最新記事

エベレスト

エベレストで死んだ登山家、「渋滞」の危険を警告していた

Mount Everest Traffic Jam: Robin Haynes Fisher Warned About Overcrowding Before Death

2019年5月28日(火)14時46分
スーマン・バランダニ

5月22日撮影、エベレストの頂上前で列を作るクライマー Nirmal Purja/PROJECT POSSIBLE

世界最高峰のエベレスト山では今季の登山シーズン、死亡者が相次いでいる。その一人、イギリス人登山家ロビン・ヘインズ・フィッシャーは、ソーシャルメディアへの生前最後の投稿で、山の混雑ぶりについて警鐘を鳴らしていた。フィッシャーは5月25日に山頂から下山中、標高約8600メートルの地点で死亡した。原因は高山病と思われる。

フィッシャーは5月19日付けでインスタグラムに投稿し、「混雑を避けて登頂したいと考えている。どうやら、多くの登山隊が21日に登頂を目指しているようだ」とコメントした。「頂上までのルートは1つしかないので、渋滞で遅れが出たら命を落としかねない。25日なら人が少ないのではないか。もちろん、みんなが同じように登頂を遅らせる作戦に出なければ、の話だが」

フィッシャーは投稿のなかで、直前に亡くなった2人の登山者に対して哀悼の意を示していた。2人は、「死のゾーン」と呼ばれる標高約8000メートル以上の危険区域で亡くなっていた。

フィッシャーは以下のように書いていた。「16日と17日の両日、およそ100人が登頂に成功したが、残念なことに2人が亡くなった。インド人登山者はキャンプ4(標高7900メートルにある登頂直前のキャンプ地)のテントで亡くなっているのが発見された。アイルランド人登山者は行方不明で、下山中に滑落したようだ」

ロビン・ヘインズ・フィッシャー


山頂付近の渋滞が死に直結

さらに、直前の1週間でガイドを含めて700人ほどが山頂を目指したとし、自分は人が減るのを期待して登頂を遅らせ、5月25日に頂上を目指すつもりだと述べた。

ネパールと中国のチベット自治区との国境にそびえるエベレスト山には、世界中から登山者が集まる。今季の登山シーズンは3月~5月までで、ネパール政府観光局によれば、5月19日現在の登山許可証発給数は381件だという。NBCニュースによると、同観光局ディレクターのミーラ・アチャラは、2018年シーズンの登頂者は合計560人だったと述べている。

山頂が渋滞すれば、登山者たちはエベレスト山の「死のゾーン」により長く留まることになる。死のゾーンの酸素濃度は海抜ゼロ地点の3分の1しかない。登山者が山頂にとどまる時間が長くなればなるほど、高山病のリスクも高くなる。

この投稿をInstagramで見る

Climbed up to camp 3, 7500m but the jet stream had returned closing the summit after only 2 days so I descended to basecamp. Around 100 climbers did summit in those 2 days with sadly 2 deaths, an Indian man found dead in his tent at camp 4 and an Irish climber lost, assumed fallen, on his descent. A go fund me page has been set up for a rescue bid for the Irish climber but it is a well meaning but futile gesture. Condolences to both their friends and families. Both deaths happened above 8000m in the so called death zone where the majority of deaths of foreign climbers happen. Around 700 more people will be looking to summit from Tuesday the 21st onwards. My revised plan, subject to weather that at the moment looks promising, is to return up the mountain leaving basecamp Tuesday the 21st 0230 and, all being well and a lot of luck, arriving on the summit the morning of Saturday the 25th. I will be climbing with my Sherpa, Jangbu who is third on the all time list with an incredible 19 summits. The other 4 members of our team decided to remain on the mountain and are looking to summit on the 21st. My cough had started to return at altitude so I couldn't wait with them at altitude for the window to open without the risk of physically deteriorating too much. Furthermore as I had missed due to sickness the earlier camp 3 rotation best practice was for me to descend to allow my body to recover from the new altitude high so I could come back stronger. This was not an easy decision as the 13 hours climbing from basecamp to camp 2 in a day was the hardest physical and mental challenge I had ever done, now I have it all to do again. Finally I am hopeful to avoid the crowds on summit day and it seems like a number of teams are pushing to summit on the 21st. With a single route to the summit delays caused by overcrowding could prove fatal so I am hopeful my decision to go for the 25th will mean fewer people. Unless of course everyone else plays the same waiting game. #everest #everest2019 #lhotseface

Robinさん(@1c0n0clast22)がシェアした投稿 -

エベレストの険しさ(ロビン・ヘインズ・フィッシャーのインスタより)


ネパール政府観光局はBBCへの声明のなかで、今季これまでの死者数は8人だとしているが、噂では、死者および行方不明者数は10人にのぼる。同観光局のダンドゥ・ラジ・ギミレ局長は登山者の死亡について、渋滞だけが原因ではなく、悪天候も関係していると述べた。過去の死亡者数を見ると、2018年は5人、2016年と2017年はともに6人。1シーズンに死亡者が10人に達したのは、直近だと2015年だ。

(翻訳:ガリレオ)

20190604cover-200.jpg
※6月4日号(5月28日発売)は「百田尚樹現象」特集。「モンスター」はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『殉愛』『日本国紀』――。ツイッターで炎上を繰り返す「右派の星」であるベストセラー作家の素顔に、ノンフィクションライターの石戸 諭が迫る。百田尚樹・見城 徹(幻冬舎社長)両氏の独占インタビューも。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

ビジネス

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 2

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増加する「排斥」の雰囲気

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    「千人計画」の真相――習近平の軍民融合戦略で変容

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月