最新記事

イギリス

メイ英首相「辞任」宣言で、強硬離脱の懸念が高まっている理由

2019年5月20日(月)16時55分
ジョシュア・キーティング

しぶとく自身の離脱案を押し通そうとしてきたメイも間もなく辞任? TOBY MELVILLE-REUTERS

<ついに退路を断ち、EU離脱案の可決を目指すメイ。だが、早くも後継レースに参戦したのはあの人物だった。欧州議会選挙の実施が迫るなか、ブレグジットはどうなるのか>

これがイギリスのメイ首相にとって、本当に終わりの始まりになるのだろうか。

ブレグジット(イギリスのEU離脱)危機を悪化させ、政治生命の終焉を何度もささやかれつつもあらがい続けてきたメイ。だからこそ、今後も首相の座に居座り、忌み嫌われている自身の離脱案をゴリ押しするつもりだろう、と勘繰りたくもなる。

だが5月16日の発表によって、メイの去る日が意外に早く訪れそうなことが見えてきた。

メイは同日、与党・保守党内の有力グループと会談。6月第2週に行う離脱協定法案の採決の後、辞任の日程を決めることを承諾したという。退路を断ったメイは、3度にわたり否決された離脱案の可決を再び目指す。

5月初めの地方選挙の大敗を受けて辞任圧力が高まっていたメイにとっては、しばしの執行猶予期間といったところ。6月第2週にはトランプ米大統領の訪英も予定されており、なかなかスリリングな週になるだろう。

今度こそ離脱案を可決させたいメイではあるが、最大野党・労働党のコービン党首との離脱案をめぐる協議は5月17日に決裂した。コービンと交渉を続けてきたのは、自身の保守党内のブレグジット強硬派が、執念深くメイの離脱案に反対し続けるからだ。そこで労働党を取り込もうと、メイは彼らの要求に沿うようEUとの関税同盟のような条項や、雇用保護などを加えることを提案していた。

だがこれでは、コービンにとっては全く物足りない。彼自身も「ブレグジットの国民投票の再実施」という選択肢以外のあらゆる提案に反対するよう、労働党内から圧力をかけられている。この状況では、4度目の否決の運命は避けられそうもない。

ジョンソン前外相が鍵に

そうこうするうちに5月23日には欧州議会選挙が実施される。今頃はEUを離脱しているはずだったから思いもよらない展開だが、この選挙は保守党の立場をさらに悪くする。

保守党の低迷で、離脱派の旗を振るファラージュ党首率いる政党、その名もブレグジット党が票を急激に奪っている。最近のある世論調査によれば、保守党の支持率はほぼ全ての主要政党に抜かれて5位。

欧州議会選挙は一般的に抗議票の意味合いが強く出やすいものだが、もっと懸念されるのはサンデー・テレグラフ紙の世論調査だ。それによれば、欧州議会選挙ではなく英議会選挙を想定しても、保守党は労働党、次いでブレグジット党にも抜かれて3位に落ちる可能性があるという。

【参考記事】 EU離脱:一人ぼっちになったイギリスを待つ悪夢

ニュース速報

ワールド

都と緊密に連携、直ちに緊急事態宣言出す状況に該当せ

ワールド

新型コロナ感染拡大の警戒を要する段階と認識=小池都

ビジネス

コロナ倒産の波が金融危機引き起こす恐れ─セントルイ

ワールド

インド、新型コロナ感染者が60万人突破 ムンバイで

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 5

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 6

    「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

  • 7

    急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

  • 8

    海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

  • 9

    山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 5

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 6

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 9

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 10

    スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 7

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月