最新記事

フィリピン

比ドゥテルテ、産廃ゴミ回収の約束守らぬカナダに激怒? 大使と領事に帰国命令

2019年5月16日(木)20時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

効果的だったドゥテルテ流の強硬策

フィリピン外務省では15日の期限が過ぎたものの新たな期限を設定することはせずに、カナダ側が合意に基づいてコンテナを早急に回収するよう改めて求めている。

ただ、一部報道ではカナダ駐在のフィリピン大使は5月13日に行われたフィリピン中間選挙に関連して、カナダ国内で在外投票された票をフィリピン選挙管理委員会に提出するため、この時期に本国へ一時帰国する予定がもともとあったとも伝えられている。

このため領事召還は別にして「大使召還」はドゥテルテ大統領お得意の外交的ポーズの可能性もあるとの指摘も出ている。

大統領府のサルバドール・パネロ報道官は15日にはフィリピン大使や領事の召還には触れずに「外務省の説明によると、手続き上の問題で(カナダ側の)回収が少し遅れている。しかし準備は整っており、大事なことは回収が確実に行われるかどうかということだ」との立場を示していた。パネロ報道官は回収の遅れが「2から3週間になる」としていた。

その後外務省による大使、領事召還という事態を受けてパネロ報道官は16日には「フィリピン政府のこのゴミ問題に対する毅然として姿勢を示すものだ」としてカナダ政府に深刻に受け止めるよう求め「さらなる遅延はさらなる外交団の召還という事態を招くことになるだろう」と述べてカナダ政府に警告、早期回収を促した。

今回のカナダからのゴミ輸出問題は、ドゥテルテ大統領の"宣戦布告"発言をきっかけにマスコミや国民、国際社会の関心が一気に高まり、それを背景にカナダ政府に圧力をかけたことが功を奏して早期解決の道筋が見えてきたと言える。

ここへきて回収期限が守られなかったことで大使、領事召還という「新たなカード」を突きつけてさらに早期の回収に圧力をかけているフィリピン政府。

カナダ政府がドゥテルテ大統領の「攻勢一辺倒」の手法に屈したような展開に、国民の間ではさらにドゥテルテ人気が高まる結果となっている。

ニュース速報

ワールド

年末年始の休暇分散、経済団体にも要請=西村再生相

ビジネス

政府の景気判断ほぼ据え置き、消費改善も設備投資は慎

ビジネス

仏ルノー、下期にキャッシュフロー黒字に 第3四半期

ビジネス

SBIと東和銀行が戦略的業務提携、地元向け共同ファ

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    台湾近くに極超音速ミサイル「東風17号」を配備した…

  • 7

    「新型コロナウイルス、絶滅する可能性は低く『永久的…

  • 8

    返済が一生終わらない......日本を押しつぶす住宅ロ…

  • 9

    台湾当局「中国の『フーリガン』外交官恐れず建国記…

  • 10

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 10

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月