最新記事

ウクライナ大統領選

ウクライナの喜劇俳優とプーチン、笑うのはどっちだ?

Who’s Laughing Now: Zelensky or Putin?

2019年4月23日(火)18時20分
ジャスティン・リンチ

フィクションの世界の大統領から現実の大統領になることが確実となったゼレンスキー/File Photo

<笑いと勇ましいトークでウクライナの大統領に上り詰めた政治の素人、ゼレンスキーが対峙するのは、ウクライナを力ずくで奪い返そうと画策するプーチンだ>

ウクライナ大統領選挙は4月21日に決選投票が実施され、暫定開票結果によれば、選挙活動の中でほとんど政策について語ることのなかったボロディミル・ゼレンスキー候補が、現職のペトロ・ポロシェンコ大統領に49%近くの差をつけて地滑り的な勝利を確実にした。政治未経験のコメディ俳優、ゼレンスキーは、21日の勝利演説でもあまり具体的なことを語らず、あり得ないと思われた勝利について「全ては可能だ」と笑い飛ばしてみせた。

正式な開票結果は4月末から5月はじめにも発表される見通しで、その約1カ月後には就任となるだろう。だがユーモアが売りのゼレンスキーは、就任前から試練に直面することになりそうだ。ウクライナ国内外の軍事関係者によれば、ユーモアとは無縁で陸・海軍の増強を進めているロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、予想よりも早くウクライナ侵攻の準備を整えつつあるからだ。

「ゼレンスキーが最初に直面する難題がプーチンだろう」と、同じ旧ソ連国家リトアニアのアンドリウス・クビリウス元首相は指摘する。ゼレンスキーは折に触れ、ロシアに融和的な姿勢を示してきたが、プーチンは22日、彼の勝利を祝福することをあからさまに拒否した。

政策も影響力も未知数

外交関係者たちは、ゼレンスキーの勝利が、食うか食われるかのウクライナとロシアの関係にどのような影響をもたらすことになるのか、予測は難しいと語る。ゼレンスキーの実際の政策はほとんど知られておらず、彼がどれだけの影響力を持つかも不明だからだ。

投開票日の夜、ゼレンスキーはロシア国境のウクライナ東部での紛争を終わらせるために、ロシアおよびプーチンと改めて話し合いを行っていくつもりだと語った。だが彼はまた、プーチンに対抗するための「情報戦」のようなものを開始し、またEU(欧州連合)とNATOへの加盟について国民投票を実施したい考えも示した。ロシア政府がこうした動きに激怒するであろうことは確実だ。

ゼレンスキーはまだ外相や国防相を指名していないが、指名された人物は今後、ウクライナ議会の承認を得る必要がある。同国の政治システムで最も大きな力を持つのがこの議会であり、秋には議会選が予定されている。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 6

    メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    増加する日韓のオゾン層破壊物質 中国企業数十社に…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 10

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月