最新記事

台湾海峡

台湾海峡で中国軍が軍事演習 アメリカは「脅し」と反発

China Holds Drills Near Taiwan, U.S. Warns of 'Threat'

2019年4月16日(火)13時10分
トム・オコナー

東シナ海で実戦演習を行う中国軍(2019年4月) Zhong Yuhang/People's Liberation Army

<米台の非公式な関係樹立40周年を祝うイベントの開催に軍事演習をぶつけて挑発する中国>

中国の空軍と海軍は4月15日、中國と台湾を隔てる台湾海峡で軍事演習を実施した。アメリカはこれを挑発と受け止めて非難している。

中国人民解放軍東部戦区の報道官である張春暉大校は15日に声明を発表。「艦船や爆撃機、偵察機をはじめとする海軍および空軍部隊を台湾島周辺に派遣し、必要な訓練および演習を実施した。複数機能を果たす統合作戦の能力のテストだ」と明らかにした。張はまた、軍事演習は「年間計画の範囲内の通常の措置であり、主権国家の正当な権利だ」とも述べた。

同演習は「台湾海峡全域の平和と安定の維持にもつながる」と張はつけ加えた。「人民解放軍東部戦区は常に、自分たちの任務は何かを念頭に置き、新時代の戦闘に勝利するための能力を強化する努力をし、中国の主権と領土の保全を断固として守っていく決意だ」

トランプ政権と台湾の接近に怒る中国

米政府が台北に設置した窓口機関である米国在台湾協会は、中国側のこの動きに不快感を表明した。ロイター通信によれば、米・台湾の非公式な関係樹立(両者の関係を定めた台湾関係法の制定)から40年を記念して開催されたイベントで演説を行ったジェームズ・モリアーティ理事長は、次のように警告した。「脅しや抑圧を通して台湾に影響を及ぼそうとする試みはすべて、地域を不安定化させ、台湾海峡の安定を脅かすものだ」

アメリカは台湾と公式な関係を樹立してはいないが、1949年に中国で起きた国共内戦に敗れて本土を追われ以降、台湾に軍事支援を約束している。ドナルド・トランプ米大統領は2017年の就任以降、徐々に米台関係を強化しており、2018年には台湾旅行法(米政府当局者と台湾高官が互いを自由に行き来し会談できると定める)を成立させ、南シナ海や台湾海峡でのいわゆる「航行の自由」作戦も増やしている。

1982年に採択された海洋法に関する国連条約を批准している中国(アメリカは批准していない)は、アメリカのこうした動きを非難。一連の取り組みには、世界で最も航行量の多い貿易ルートの一つであり、石油および天然ガスの埋蔵量が数兆ドル相当にのぼると見られている南シナ海において、軍事的および政治的なプレゼンスを拡大しようとする狙いがあると非難した。中国は南シナ海の領有権を強く主張しており、複数の島や小島、岩礁を軍事拠点化。アメリカや、同海域の領有権を主張する周辺諸国と対立している。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月