最新記事

火災

仏パリのノートルダム寺院で大規模火災、尖塔倒壊 マクロン大統領は再建誓う

2019年4月16日(火)14時00分

パリ中心部にあるノートルダム寺院で大規模な火災が発生。12世紀に建設が始まった寺院は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に指定されている(2019年 ロイター/BENOIT TESSIER)

パリ中心部の観光名所ノートルダム寺院で15日午後、屋根が炎上する大規模な火災が発生した。消防当局の懸命な消火活動で約8時間後に鎮火し、主要な鐘楼と外壁の崩壊は免れたが、国内外に衝撃が広がった。

火事は夕方に発生、大聖堂の屋根がほぼ全焼し、尖塔も崩れ落ちた。16日午前3時(日本時間午前10時)までにはほぼ全面的に鎮火した。

消防隊は主要な鐘楼の崩落を阻止するための消火活動を行うと同時に寺院が保有する宗教芸術や貴重な美術品を運び出した。消防士1人が重傷を負った。ほかに負傷者は報告されていない。

マクロン大統領は現場の記者団に「最悪の事態は免れた」と述べた。募金活動や、海外の人材に支援を求めるなどして、寺院の再建を進める考えを示した。

大統領は「一緒に建て直そう。それがフランスの運命であり、今後のわれわれのプロジェクトになることは間違いない」と述べた。

寺院の石造りの骨組みは倒壊を免れた。

検察当局が火事の捜査を開始。関係筋によると、警察は事故と仮定して調べている。

アンヌ・イダルゴ・パリ市長は現場で、寺院の中に置かれていた芸術品の一部は運び出され、安全に保管されていると述べた。

12世紀に建設が始まった寺院は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。ゴシック建築の最高傑作とされる大聖堂では現在改修作業が行われており、一部には足場が組まれている。先週には作業のためブロンズ像が取り外されていた。

大火災を受けて米国内では既に募金の呼び掛けが始まった。

グッチなど有名ブランドを手掛ける仏ケリングのトップは寺院再建に1億ユーロ(1億1300万ドル)を寄付する意向を示したと仏AFP通信は伝えた。

*内容を更新しました。

[パリ 15日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

新型コロナ巡り中国の責任問うにはまだ早い=米国務長

ビジネス

日経平均は続伸スタート後終値近辺で一進一退、方向感

ビジネス

米スタバ、1─3月期は47%減益の見通し 新型コロ

ワールド

フランス、都市封鎖を4月15日以降も継続

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

  • 3

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8日現在)

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさ…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 10

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月