最新記事

ベネズエラ危機

ベネズエラ国会議長が緊急寄稿「マドゥロの居座りを終わらせよう」

2019年4月11日(木)15時00分
フアン・グアイド(ベネズエラ国会議長)

逮捕されるのではないかと不安視されているフアン・グアイド MANAURE QUINTERO- REUTERS

<暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長が不逮捕特権を剥奪されて本誌に緊急寄稿>

昨日(4月2日)の晩、私の不逮捕特権は剥奪された。この国の、およそ正統性を欠く制憲議会によってだ。いや、私を待ち受ける運命はどうでもいい。問題はベネズエラに民主主義を取り戻そうと闘う全ての国民の運命だ。これはアメリカ大統領と、自称「革命の指導者」との争いではない。自由を求める人々と独裁者の闘いだ。

マドゥロ独裁政権は初めからベネズエラにとっての悲劇だった。彼が政権を掌握して以来、この国のGDPは半分に減った。インフレ率は世界一となり、今や超の付くインフレで何百万もの国民が逃げ出した。貧困率は90%に達し、国民の65%以上はいつも腹をすかせている。記録のある限り最悪の事態だ。数え切れないほどの子供や高齢者が栄養不良や通常なら治療できる病で命を落としている。

この間にベネズエラは世界でも指折りの暴力社会になった。この国の人口は約30万だが、過去15年で25万人以上が暴力事件の犠牲となった。住民10万人当たりの殺人件数は南北アメリカ大陸を通じて最高だ。

加えて政治的弾圧の犠牲者がいる。マドゥロ派の特殊部隊は平気で人権を無視し、既に9000人ほどを超法規的に処刑している。チリのピノチェト独裁政権下で「失踪」したとされる人数の3倍だ。

しかもこの国の軍隊には多数のキューバ人が加勢している。コロンビアの左翼ゲリラの残党も加わっている。

我々は暴力を拒否するが

諸悪の根源は権力の座にしがみつくニコラス・マドゥロの存在だ。この男は15年の議会選で民意を無視し、17年には現行憲法に背いて何の正統性もない制憲議会をでっち上げた。そして任期が満了した今年1月10日以降も大統領の座に居座り続けている。一方で、4つの民主的政党は活動を禁じられた。

この国に政治の秩序を取り戻すため、私たちは3段階のプランを提案した。マドゥロの居座りを終わらせ、暫定政権を樹立し、自由で公正かつ透明性のある選挙を実施することだ。この選挙には全ての国民が参加できる。もちろんマドゥロ派の人たちも参加できる。

また多くの国民が絶望的な状況に置かれている現状から、私たちは人道支援物資の搬入を認めるよう求めている。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ソーシャルメディア巡る大統領令に28日

ビジネス

アメリカン航空、管理職と後方部門の人員を30%削減

ビジネス

対欧州FDI、19年発表事業の3分の1以上が延期ま

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月