最新記事

喜劇

【動画】バスにATMマシンを載せようとする男

Watch: Comedian Tries to Take ATM on NJ Transit Bus

2019年3月20日(水)15時57分
ニナ・ゴッドルイスキー

泥棒は「儲けはあんたと山分けするから!」とバスの運転手に叫ぶ Darius Kinney

<芝居でもバカウケしたのは、誰でも経験したことがある思いだから?>

アメリカのニュージャージー州で、盗んだATMマシンごとバスに乗せてもらおうとする泥棒の動画が話題だ。動画は、ツイッターやインスタグラムでたちまち拡散した。

ただしこれはあるコメディアンの即興劇。ニュージャージーで活動するダリウス・キニー。3月19日に撮影された動画には、重そうなATMを抱え、たどたどしい足取りで、バスへと向かうキニーの様子が映っている。

動画には、ATMを運ぶのに悪戦苦闘するキニーの様子と共に、撮影役の友人の声も入っている。キニーがバスに近づき、運転手に「分け前は半々でどうだ!」と持ちかけるが、運転手は「いやいや、お断りだ!」と応じ、キニーの目の前でドアが閉まる。「俺と組めばひともうけできたのに!」と叫ぶキニーをしり目に、バスはドアを閉め、発車してしまう。

キニーは本誌の取材に、こんな芝居をした理由を話した。「とある理髪店の前に、ATMが捨てられていた。そこでそれをいただいて、バスに乗ろうとしたんだ」

バス会社のNJTも、この動画にユーモアを感じたらしい。利用者に親しみを持ってもらえればと、公式アカウントでキニーの動画をリツイートした(その後、なぜか削除)。

キニーがインスタグラムに投稿したオリジナルの動画は、視聴回数が1日で10万回近くに達し、数千件のコメントがついていた。

「金持ちになることは万人の夢なのに、誰も助けてくれはしない」というコメントが、キニーとこの動画を拡散したユーザーの気持ちを代弁しているようだ。

(翻訳:ガリレオ)

※3月26日号(3月19日発売)は「5Gの世界」特集。情報量1000倍、速度は100倍――。新移動通信システム5Gがもたらす「第4次産業革命」の衝撃。経済・暮らし・医療・交通はこう変わる! ネット利用が快適になるどころではない5Gの潜在力と、それにより激変する世界の未来像を、山田敏弘氏(国際ジャーナリスト、MIT元安全保障フェロー)が描き出す。他に、米中5G戦争の行く末、ファーウェイ追放で得をする企業、産業界の課題・現状など。

ニュース速報

ワールド

英国の新型コロナ死者数が4万7000人突破、首相へ

ワールド

英閣外相が辞任、首相側近の封鎖中移動巡る説明は「通

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月