最新記事

喜劇

【動画】バスにATMマシンを載せようとする男

Watch: Comedian Tries to Take ATM on NJ Transit Bus

2019年3月20日(水)15時57分
ニナ・ゴッドルイスキー

泥棒は「儲けはあんたと山分けするから!」とバスの運転手に叫ぶ Darius Kinney

<芝居でもバカウケしたのは、誰でも経験したことがある思いだから?>

アメリカのニュージャージー州で、盗んだATMマシンごとバスに乗せてもらおうとする泥棒の動画が話題だ。動画は、ツイッターやインスタグラムでたちまち拡散した。

ただしこれはあるコメディアンの即興劇。ニュージャージーで活動するダリウス・キニー。3月19日に撮影された動画には、重そうなATMを抱え、たどたどしい足取りで、バスへと向かうキニーの様子が映っている。

動画には、ATMを運ぶのに悪戦苦闘するキニーの様子と共に、撮影役の友人の声も入っている。キニーがバスに近づき、運転手に「分け前は半々でどうだ!」と持ちかけるが、運転手は「いやいや、お断りだ!」と応じ、キニーの目の前でドアが閉まる。「俺と組めばひともうけできたのに!」と叫ぶキニーをしり目に、バスはドアを閉め、発車してしまう。

キニーは本誌の取材に、こんな芝居をした理由を話した。「とある理髪店の前に、ATMが捨てられていた。そこでそれをいただいて、バスに乗ろうとしたんだ」

バス会社のNJTも、この動画にユーモアを感じたらしい。利用者に親しみを持ってもらえればと、公式アカウントでキニーの動画をリツイートした(その後、なぜか削除)。

キニーがインスタグラムに投稿したオリジナルの動画は、視聴回数が1日で10万回近くに達し、数千件のコメントがついていた。

「金持ちになることは万人の夢なのに、誰も助けてくれはしない」というコメントが、キニーとこの動画を拡散したユーザーの気持ちを代弁しているようだ。

(翻訳:ガリレオ)

※3月26日号(3月19日発売)は「5Gの世界」特集。情報量1000倍、速度は100倍――。新移動通信システム5Gがもたらす「第4次産業革命」の衝撃。経済・暮らし・医療・交通はこう変わる! ネット利用が快適になるどころではない5Gの潜在力と、それにより激変する世界の未来像を、山田敏弘氏(国際ジャーナリスト、MIT元安全保障フェロー)が描き出す。他に、米中5G戦争の行く末、ファーウェイ追放で得をする企業、産業界の課題・現状など。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月