最新記事

少年犯罪

12歳の少年が6歳の妹をレイプ「ゲームと同じにしたかった」

Boy Raped 6-Year-Old Sister After Watching Video Game Sex Scenes

2019年3月7日(木)18時58分
マドハール・デイブ

スウェンドン青少年裁判所の裁判官は少年に立ち直る機会を与える「付託命令」を言い渡した。少年は市外の治療施設で12カ月間の入所が義務付けられ、それを終えたら「微罪処分」扱いとなる。前科は残るが、将来就職する際にそれらを開示する義務はない。また、今後2年半は性犯罪前歴者として登録される。

少年は法廷で大人しく座っていたが、裁判官がサッカーに話題を振ると笑顔を見せた。もし再び同様の犯罪行為に及ぶ機会が訪れたらどうするか、と裁判官に尋ねられると、少年はこう言った。「僕はもうやりません。自分のやったことは間違っていたと学習しました」。少年は施設に入れられて以降、妹たちと一切接触していない。家族は少年に会いたがっているという。

更生のチャンスは1度だけ

少年の弁護士を務めるゴードン・ホットソンは言った。「これは少年を救い出すための一度限りの機会だ。青少年犯罪防止チームに少年を更生させるチャンスを与えて、絶対に同じ過ちを繰り返さないようにする。少年はスタッフに心を開き、上手くやっている」

「私たちは過ちを正し、子供たちの安全に最善を尽くしたい」と、少年の母親は言った。「息子は今、本当によく頑張っている。きっといつか、全員で再び家族になれるようにしたい。娘は自分のせいだと言ってとても悲しがっていたが、すぐに元気を取り戻した。とても強い子で、もう悲しみを一切見せない。娘をとても誇りに思う」

2人の子供の年齢と事件の性質を考慮し、実名は報道されなかった。18禁のゲームをなぜ12歳の少年がプレイできたのかも不明だ。

(翻訳:河原里香)

※3月12日号(3月5日発売)は「韓国ファクトチェック」特集。文政権は反日で支持率を上げている/韓国は日本経済に依存している/韓国軍は弱い/リベラル政権が終われば反日も終わる/韓国人は日本が嫌い......。日韓関係悪化に伴い議論が噴出しているが、日本人の韓国認識は実は間違いだらけ。事態の打開には、データに基づいた「ファクトチェック」がまずは必要だ――。木村 幹・神戸大学大学院国際協力研究科教授が寄稿。

ニュース速報

ワールド

米地裁判事、ゴーン被告逃亡協力者の早期保釈請求を却

ビジネス

アングル:テスラ株がS&P500採用目前、さらに膨

ワールド

米国の新規感染者、9日は少なくとも6万0565人 

ワールド

バイデン氏、米大統領に選出ならドイツ駐留米軍削減見

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月